Cyber Stage

Diary

新刊脱稿&現物が届きました

※12/30追記※
冬コミ3日目 12/31 東7ホール s-16a「PaperStage」で参加します
コミケWebカタログ はこちら(※サービスへのログインが必要です)

そして、自宅発送分が家に届きました!早い!!

C91新刊自宅分


内容について何かもっとつぶやこうと思っていたんですが、終わってみると、ただただもう「読んでください」としか口から出てこない感じですね。
とにかく、3話目で回収しきれなかった内容をようやく形にすることができたのでホッとしました。
ようやく…ようやくここまでたどり着けた………。(しみじみ)

元々は40ページくらいにまとめて夏に出すはずだった内容が、どうして冬まで延長戦になって分冊して100ページを超えることになったのか、自分でもよくわかりません。
漫画って不思議です。


自分の中で「この章では、ここからここまでを描く」というストーリーはあらかた決まっているんですが、いざプロットを書き出してみると、キャラクターがその通りに動いてくれるとは限らなくて。
会話ひとつとっても、このキャラはこういう性格で、こういうバックボーンがあって、こういう状況になったからこの話をする…という流れ(?)みたいなものがあるんですよね。

思えば、「過去の仲間たちと再会したい」という隠れた動機をもって(※虹瑠以外は)行動していた1章のキャラと違って、2章のふたりは、そもそも接点がまったくないところからスタートしているわけで。
いわば、冒頭の事件がなければ、そもそも一生交わることのなかったであろう2人のものがたりなんですよね。

そのため序盤の親密度も低いし(おまけに誰かさんは、性格的に人と積極的に関わろうとしないし)、この段階ではまだそこまで踏み込んだ話はしないな…という状態が続いていて、核心的な話題に踏み込めなかったのかなと。
そんなことを思ったりしました。

◆◆◆

「かつて人は『永遠』の生命を持っていた」という架空の世界を生きる人々を描いた、シリーズもののファンタジー群像劇『楽園に還れ』。
2章もこれで4話目…後半戦(?)に突入します。

未公開のまま一気に描き切るには長いページ数でしたが、できたら一気に読んでいただきたい内容なので、冬コミ最終日にご参加の方はぜひぜひお手にとっていただけると嬉しいです〜!
中盤がなかなかキッツい展開ですが、ラスト数ページまでページをめくっていただけたらなあと。

時期的にも、冬の間に読んでいただけたらより一層盛り上がるんじゃないかなと思います。
たぶん。

◆◆◆

恒例の、コミケ特設ページもご用意いたしました。

C91告知

新刊のあらすじ・頒布物リスト・スペース地図・Webカタログへのリンクなどこちらにまとめてありますので、当日会場へお越しの方はぜひご参考にどうぞ〜。
コミケWebカタログの内容も最新版に更新しましたので、どうぞご利用ください。



冬コミ関連の画像諸々も貼っておきます。

冬コミ新刊表紙イラスト


※12/30追記※
おしながき&本文サンプル


まだ当日まで少し時間があるので、間に合ったら4コマペーパーなど準備したく思います。
今年は年末の仕事稼働日が長めなので、創作ジャンルが最終日じゃなかったらちょっと危ないところでした。
風邪を引かないように、元気に乗り切っていきたいです〜。




※12/30追記※
恒例の4コマペーパーも出来ました〜!

C914コマ

鍋を片手に、とてもキラキラとしたいけない顔をしていますね。
オチしか見えません。


こんな感じの、作品のご紹介チラシ的なものも配布しております。

ご紹介ペーパー

布教用にたくさん欲しいよという方は、ジャンジャン持って行っちゃってくださいね。
それでは、大晦日にビッグサイトにお越しの方はよろしくお願いいたします!
東7ホール s-16a「PaperStage」
でお待ちしております。


部屋とニーハイと冬コミ原稿と私

いいニーハイの日なんてものがあるそうですよ!

というわけで、ここぞとばかりに、ニーハイ代表の零霸さんに出てきてもらいました。
3話目の表紙だった絵ですね。なつかしい。
今見るとバランス的にアレなところが目立ったので、慌ててちょっと手直ししました。
このころのほうが真面目に塗っていますね(…)

ニーハイの日

11月は、いい○○の日が多いのでお題には事欠かない月なのですが、どうも当てはまるキャラがいなくて素通りしがちでした。
夫婦も兄弟もいないし、ポッキー売ってないし、イベント的に乗れそうなのは肉くらいでしょうか。



脱稿するまでは集中しようと思って、長らく沈黙を保っていたら広告が出てしまったので、慌てて進捗を書きにきました。
原稿でもその他の製作物でも、「まずはギリギリ完成と言えなくもないような限りなく完成に近い状態に仕上げておいて、最後に残った時間で詰められるとこまで詰める」というやり方で進めることが多いのですが、今回もそんな感じで最後の大詰め作業中です。

締め切りまであと二週間くらいで、余裕はあるといえばあるのですが。
今回、とにかくページ数が多くて全体を把握するだけでも手一杯なので、ラストスパートの時間配分に気をつけないと、あっという間に締め切り当日になってしまうような…???
絵もだけど、文章もちゃんと見直さないといけない予感がします。
ここちょっとおかしくない?という表現が…きっとあちこちに……。


そんな4話目の表紙はこんな感じです。
回想バージョンの、星亜と彩緋(サイヒ)さん。
C91新刊表紙途中
彩緋は名前からして赤いんだろうなと思っていたら、やっぱり赤かった…!
これはざっくり色を置いた段階のものですが、方向性はここから大きく変わってはいないので、このまま仕上げることになると思います。



あと、そろそろ地名と人名が煩雑化してきたので、こんな感じの模式図を用意してみようかなと思っています。

王国所属図

過去編の舞台はちょっと特殊で、ただ一人の『王』と呼ばれる存在が世界をおさめる、ピラミッド型の中央集権社会…ということになっています。
とはいえ、ざっくり世界といっても広すぎるので、中央/東/西/南/北の5地方に土地を分けて、『中央』が東西南北の下部組織を束ねているかたちです。

東西南北には、それぞれ中央から派遣されたその地の支配者がいて、3話目で出てきた慧畄瑳(エルサ)はその中の一人です。
それぞれの地域をさらに細かく区分して、郡と呼び、配下の者に管理させています。

地下室であれこれしていたおかっぱ様…もとい砒削(ヒサク)は、西方の一地域である虎白郡を治める管理権限を委託されている立場ですね。
えらい人の目の届かないところでフリーダムに色々やってるつもりが、実はバレていて、抜き打ち調査されそうになってたタイミングだったというわけでした。

このへんの、どこまで本編内で説明するか迷いどころなことも含めて、そろそろまとめておきたいところです…。
用語集とか、FAQページとかがあった方がよいのでしょうか。
需要があるかどうかは微妙ですが………需要…需要…

◆◆◆

需要そっちのけつながりで。
ついでなので、ツイッターであげていた進捗画像で、手元のフォルダに残っていたものをまとめて貼ってみます。


回想シーンにて、おかっぱ様再び登場

2−4途中経過2


油断するとすぐ男性モブを描いてしまいます
男性モブ


頭が疲れてくるとやりたくなる、トーン遊び

トーン遊び1


頭が疲れてくるとやりたくなる、トーン遊びその2
このトーン何に使えばいいの?!
トーン遊び2


真面目な進捗の一部

2−4途中経過1


最後の修正ラッシュでまるまるボツになったコマ
ボツ


こんなところでしょうか!
夏コミ前からスタートして、長丁場すぎてそろそろ息切れがしてきた4話目ですが、今回かなり大事な回なので。
大きなミスもなく着地できるよう、体調管理には気をつけて脱稿までの道のりを走り抜けたいところです。
寒いと動けなくなるので、どうかこれ以上雪が降りませんように〜。


 

C91受かりました

冬コミ受かりました!
3日目土曜日 東s-16a「PaperStage」です。

C91サークルカット

今回も創作少年スペースです。

「ん?スペースが小文字…?」と不思議に思っていたら、新設されたホールだったんですね。
机も不思議な配置になっていて、いつものコミケとは一味違っておもしろそうです。
予定通り「永遠に続け」4冊目を出しますので、よろしくお願いいたします!

自分の作画スピードが遅すぎるせいで(あと私生活とか健康とかもろもろ…)当落が出てから原稿を始めたのでは間に合わないため、毎度フライング気味に原稿をスタートしているのですが。
今回は、あらかじめ切っていたネームのページ数が尋常でなかった関係で、夏コミが始まる前に冬コミの原稿も手をつけるという前代未聞の超絶フライングをしていました。
スペースいただけて…本当によかった…。


新刊のイメージは、こんな感じです。
前半部分はほぼ完成しているので、チラ見せしておきますね。
(クリックで大きくなります)

永遠に続け4話イメージ1


さて。次の新刊で、2章もいよいよ後半戦になります。

この章は舞台がかなり特殊設定なこともあって、あえて序盤では、世界観設定に関する情報は細かく説明せずにお話を描き進めていました。
一般市民Aの視点で、事件に巻き込まれたところからお話をスタートして、まずはキャラクターに馴染んでもらおう…というやつですね。(うまくいっているかどうかは別として!)

そんなわけで、あえて後回しにしていたあれこれも、このあたりから大量放出されていきます。
シナリオ上どうしても世界の成り立ちやらなんやらを説明する必要があるのですが、いかにもな「説明」になってしまうと文字だらけで読んでて眠くなる漫画になってしまいそうで、とにかく悩みました。

そもそもうちの漫画、普段から文字が多めですしね…申し訳ない…。

できるだけ説明的にならずに、自然にエピソード内に盛り込んでいけるように…と頭を捻りまくってネームを切ってはみたんですが、どうしても解説的な文章やセリフは増えてしまいますね。
情報を「説明」しないように「伝える」のは、これからの課題だなーと思います。



肝心の進捗は、フライングの甲斐あって、こんな感じです。

C91新刊進捗

ページ数が多すぎるからという理由で3、4巻を分冊したはずだったのですが、気づけばまた増えていて3巻本文33ページ、4巻本文61ページというおかしなことになっていました。
今までで一番長かった、1章最終話のページ数を上回るとは…。

一気に描くにはなかなかしんどいページ数でしたが、ここまできたらもう覚悟を決めて、最後まで走り抜けたいところです。


3話目で引っ張っていた星亜の過去のあれこれに関しては、今回でかなり説明し尽くす予定なので、ちょっとはスッキリ(?)するのではないかなと思います。
そして、なにげに問題発言まみれの回なので、反応が怖くもあり楽しみでもあり。

ドキドキしつつも、全力で画面を埋めていっています。
よかったら、年末にお楽しみ(???)いただけると、とても嬉しいです!

◆◆◆

そうそう。冬の告知と重なってしまいましたが、3話目もWebで公開を始めました。
コミックコンテンツでも公開していますが、正直なところ、マンガハックさんの方がUI的に読みやすいのではないかと思います。

マンガハック

Webバージョンはちょっと文字が小さめで読みにくいかもなのですが、原稿の合間に少しずつ公開していきますので、Web派の方はぜひぜひこちらからどうぞ!
ツイッターでは、更新ごとにちょっとしたツッコミや補足を入れたりしています。
(→ @miz_circle

何かを作ったりしていらっしゃる方には、ほぼ100%フォローをお返ししていますので、お気軽にどうぞ!

3話目は、キャラ同士が和気藹々と…いや、そこまで仲良くはないのですが、命の危険を感じることもなく珍道中を始めてたりして、わりとノリが明るいのでツッコミのしがいがあります。
フクロウチャンが出てきたあたりで、ここぞとばかりに思わせぶりなことをつぶやきたいものです。

◆◆◆

これからどんどん寒くなっていくので、気を引きしめて続きを描いていきたいところですね。
引き続き、よろしくお願いいたします!

Twitterのイラストとらくがきまとめ

夏からちょっとずつ作ってはTwitterで公開していた、キャラクターに励ましてもらうイラストシリーズをまとめて、pixivに投稿しました。



励まし系…というと、原稿進捗を見張ってお尻を叩いてくれるbotのようなイメージが強いのですが。
個人的には、へたに煽られると封印したはずの反抗期が目覚めて反発してしまうので(それもどうかと!)、「厳しいのは現実世界で充分なんだよ!ストレートに労っておくれよ!」という方向性で統一してみました。
息を吸って生活してるだけでも褒めてほしい!!(だだ漏れる本音)

「無理しないでね」と言われると、もっと頑張らないとな〜と背筋が伸びる派です。

仕事から帰ってきて色々やることはあるんだけど原稿もしたい…というシチュエーションで統一したので、内容は似通っていますが、「各キャラが言わなそうなセリフは言わせない」という点だけは、ちょっとこだわってみました。
マオラに至っては、労ってるように見せかけて食事を作ることを要求してきていますね。

◆◆◆

そしてもう一つ。
いつの間にか、Twitterにモーメント機能?なるものが出来ていたので、季節ネタのイラスト(というからくがき)をまとめてみました。

シーズンネタ まとめ

そのままブログ内に埋め込むと表示が大変なことになったので、ひとまずリンクで。
改めて見てみると、ネコミミ率が高いですね。
仕事を選ばないマオラさん…。

ハロウィン〜クリスマスあたりのツイートを探すために過去ログを漁ってみたところ、去年の今頃は、まだプライベート用アカウントの方で進捗をつぶやいてたようです。
同人の方はちょうど冬コミに向けて3章1話目を描いていて、Webの方ではようやく1章が完結したところでした。
そうか、あれから1年かあ〜と、なんだか感慨深くなってしまいます。

ちなみにTwitterでは、検索欄で 【@アカウント名 since:201X-01-01 until:201X-12-31】 って感じに検索すると過去のツイートを読めるので、特定の時期のつぶやきを探すのに便利ですよ!

◆◆◆

今年は、いつにも増して家庭内で色々とあって、なかなかMPの消費が激しい年でしたが(すでに1年の締めくくりモード)モチベーションなどというフワフワしたものには左右されずに、ひたすら手は動かす!というコツのようなものをつかんだおかげで、それなりに一定のペースで漫画を描けたかなと思います。

この先も、生活面でどうなるか&それがプライベートの時間にどう影響を与えるかは不明なところが多いのですが、何か事件が起こるのは人生の常なので、適時柔軟に対処して、物語のエンディングまで描き進めていけたらよいなあと思っています。

年末は冬コミで大抵バタバタしているうちに過ぎ去ってしまうので、今のうちに振り返っておこう作戦です。
(まだ当落すら出てません!)


 

進捗

気づけば夏コミから一ヶ月経っていました…!
水面下で、4話目の作画も進んでいます。

2章4話進捗

Twitterに投下したらくがき(?)も溜まってきたので
どこかでサルベージしたいところです。
(後日、この記事に追記するかもです)

«  | HOME |  »

Calendar

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Profile

わたらせ瑞

わたらせ瑞

個人的に漫画を描いたり、

いろいろ作ったりしている

人間のブログです。

サイトTOP

ブログの説明はこちら

Recent Entries

Categories

Pixiv

サークル発行物

愛用してます

コダック

原稿時の疲労対策に

Works

気になるもの

Monthly

Advertisement

FC2Ad