Cyber Stage

Diary

コツコツ

コミティア112新刊

本文はほぼできたので、出ると思いますー!

イベント用に特化させるには、既存のオフラインページはカスタムしにくかったので
コミティア112用のご案内ページを作りました。

コミティア112特設ページ

まだ新刊の情報は載せていませんが
(ギリギリまでやってそうなので載せられるかどうかきわどいところです;)
ティアの公式サイトなどからいらした方は、ひとまずこちらをどうぞ!

 




 

ティアに向けて

急に暖かくなってきましたね!
5月のコミティアに向けて、モリモリやってます。
最近はすっかり、長距離マラソン型になってしまったので
モリモリというよりコツコツのような気もしますが。

Twitterの方で何度か情報を小出ししていましたが、
久々のコミティアだし、何か楽しいことをやりたかったので
無料配布用にえびせんを作ってみました!

おそらく、こんな感じに仕上がるのではないかな?と思います〜!

コミティア配布用えびせん

なにか発行物をお求めくださった方に、こちらを2枚セットで差し上げます。
いやむしろ、何もお買い上げでなくても、交渉次第で1枚差し上げます。
スペース内に本人がいそうな時に、お腹すいた顔をして話しかけてみてくださいw



新刊の方は、とにかくできるところまで描いて本にしようということで
前半部分を中心に描き進めている感じです。

ティア新刊進捗

せめて、この赤枠内のところまでは…!と
足掻いているのですが、果たしてうまくいくでしょうか。
舞台が円形の広間&天井なのが、クセがあって難しいんですよね。
自分で設定したので自分が悪いんですが。

丸いものはパースがつくと、ものすごく難易度が上がる気がします。
窓とかもやたらと上のほうがアーチ状だし…
牢屋の入り口(?)も似たような形にしちゃったし…うーんうーん…。

と、頭を悩ませすぎて疲れてきたので、アタリ用定規のようなものを作ってみました。

漫画用アーチ定規

なんでもっと早くこれを用意しなかったんだ!という気分です。
このデータをそのまま使うと、線は均一だし厚みはついてないしで、
画面から浮くことこの上ないですが
変形させて下絵にする分にはなかなか便利です!

家をカッチリ描く必要が出てきた時のために、四角い窓とかも作っておこうと思います。
昨今、探せばこの手の素材はたくさんあると思うんですが
自分が使いやすいものを〜って考えると、作っちゃった方が早いんですよね。



以前の記事でも触れましたが、今回出てきたこの人がとにかく描きやすいです。

砒削様2

毎回誰かしら新しいキャラが出ている感じの
このシリーズの中でも、異例の描きやすさ…ブルブル。

砒削様1

自分の中の描きやすさポイント(?)のようなものを
なにか掴んだような気がしました。
外見的にも、性格的にも。



描きにくいコマ

キャラクターやメインコマから埋めていったら
だんだん描きにくいコマばかり残ってヒイヒイ言っていますが、
それなりにキリのいいところまでは
お見せできるのではないかな〜と思いますので、もうちょいがんばります。

どこで区切るかによって、後味がだいぶ変わってきそうですが!






そこまでひどくない

そんなにひどくないですよ!!

 

ちょっとしたこぼれ話

夏に発行した準備号のあとがきでもちょっと触れたのですが、こちらでも。
今回の新刊で出てくるキャラクターが
某短編の、あの二人とちょっと似てるよね?の件について
先手を打って(?)今のうちに説明しておきます。

結論としては、まったくの他人で、話としての関連性はないんですが
キャラクターのベースが同じです。


と、言われてもわけがわからないですね。

どういうことかといいますと…
あ、ちょっと長くなりそうなので、興味のある方だけ
目を通していただければ充分なのですが…!

(以下、折りたたみ)
 

続きを読む »

新刊表紙

Pixivの方に、新刊の表紙絵をアップいたしました。


内容が想像できるような表紙を目指してみたんですが
実際には、室内で会話しているシーンが大半…アレッ…?
いやいやいや!
イメージって大事ですよね!!

今回も、総集編の表紙に続いてCLIP STUDIO PAINTで塗っています。
相変わらずクリスタは各ツールを手探り状態です。

日頃カラーイラストを描く回数が少なすぎて、
毎回塗り方がわからなくて迷走するので
自分のためにも途中経過は残しておいたほうがいい!と
夏コミの時の記事を読み返して思ったので
今回も、経過を貼っておくことにしました。


あいかわらずなにをどうしていいのかわからない、最初のラフ。
黄色を使ってみたかったんだと思います。

C87表紙途中経過1



今回は、ひとまず色を置くところから手を付けていきました。

C87表紙途中経過2


この段階だと、左上の方に人物っぽいシルエットがあったようです。

C87表紙途中経過3


線を起こしていく途中で、構図の収まりが悪かったので色々変更しました。

C87表紙途中経過4


モチーフは固まってきましたが、色の収集がつきません。
この辺で「ちょっと無謀な色使いしちゃったかな…」と後悔しました。

C87表紙途中経過5


ひたすら補正のターン。
右下をどう処理していいのか、迷ってるのがよくわかります。

C87表紙途中経過6

このあたりで自分でもよくわからなくなってきて
「これどうやったらまとまるんだろう(;・∀・)」ってさんざん悩みまくった末、
一晩二晩寝かせてみたりして、色調整したものが完成品になります。

本文にも言えることなんですが、どうも自分は
進捗9割位の段階で、完成図を見失って
手が止まってしまいがちなようです。
時間に余裕を持って進めているゆえに迷いが生じてしまうという
コツコツ型のデメリットというか…

ラストスパートで失速しないで、一気に仕上げられるようになりたいものです!


それにしても改めて思ったんですが、
これ、印刷した時にどう色が転ぶかわからなくて
ものっすごい博打な表紙ですね!?

この記事を書いている段階では、まだ印刷物は目にしていないのでとてもドキドキします。


原稿なう!原稿なう!

この時期のブログはだいたい内容が限られてきますが
引き続き、毎週ちょっとずつ原稿中です!

冬コミ原稿進捗

こんな感じで、だいぶ終わりが見えてきました。
夜だし雨降ってるしで、今回は全体的に画面が暗いですね…!
こころなしかトーンの量も多い気がします。


冬コミ原稿背景途中

残っているのがこの手のコマ(↑)ばかりで
これ描かなきゃダメ…?と、めげかけていましたが
まあでも、背景は、描くものさえ決まれば手を動かしたら終わるので!

それよりも、そもそもどうやって描いたらいいのか
わからないものが難関でした。
最後の方に出てくる、あれとか…あの場所とか…。
もっと、描くのが自分だということを考えてネームを切るべきだと思います。

「あれ」や「あの場所」に関しては、ぜひとも本の方でご確認していただけたらと!
(そして苦笑してください!)



先週末にふと思い立って、
コミスタにデフォルトで入っている、これはまず使わないだろうという
パターンブラシを一気に削除したらとてもスッキリしました。

ComicStudioのいらないブラシ削除

ツールオプションの、右上の方のメニューから消せるらしいので
手動でポチポチと…。

この辺のブラシとか、使いこなしている方を見たことがないのですが
「こんなことができるよ!」っていうサンプル用に
とりあえず格納しときまっせ的なポジションなんでしょうかね??

いらないデフォルトブラシ

なんというか…とても、ごきげんなブラシですよね。
色んな感情を込めて、ブラシ界の創英角ポップと呼ばせていただいてます。

捨てる前の確認に、ひと通りブラシを試し書きしてみて気づいたのですが
削り線ブラシというやつは、なかなかイケますね!

コミスタ削り線ブラシサンプル

カケアミブラシは、ちょっときれいすぎるのか、無機質な感じで
しっくりこないなーと思っていましたが
これだとアナログっぽく仕上がるのがいい感じです。

フルデジタルの作画は、アナログだとサクサク描けるカケアミや斜線のようなものが
やりにくいのが弱点だなあと思います。
ペンタブもだいぶ描き味がアナログに近づきましたが、それでも
細かくて密度のあるストロークはリアルペンにかなわないなあと。

できることなら、デジタルとアナログを行き来しながら描きたいです。
(今も、目が疲れた時はあえてアナログで下描きやってますが!)


冬コミ原稿の進捗

まだ冬コミの当落すら出てないのに
進捗報告というのもなかなかシュールですが、だいぶ進みました!

人物はほぼペン入れ終わりましたよ〜ワーオワーオ!
まだ微調整やら修正やらはすると思いますが。

原稿の進捗

背景が…後半に集中して…ウッ!という感じですが
まだ10月なので、さすがにここまでくれば新刊を落とすということはなさそうです。

友人が先日、使わない背景資料集を大量に譲ってくれたので
かなり助かっています。
手持ちの分と合わせると、市販のヨーロッパ系建築資料集は
だいぶ網羅できたのでは…?

(そこまでヨーロピアンど真ん中な世界観ではないんですが)
こういうのを描く時とかに、とても助かりますね!

背景


コミスタのパース定規、便利なんですが未だに
機能を理解してないところが多くて
たまに手こずります。

今日も、描画レイヤー上にうっかりパース定規を作ってしまって
定規だけ消すやり方がわからなかったりしてパニックになっていました。

コミスタの定規ツールは、定規レイヤー上と描画レイヤー上につくる
2通りの方法があって
前者しか使わないので後者のメリットがいまいちわかっていなかったのですが
サブ定規レイヤーさえ使いこなせば、描画レイヤー上に作ったほうが
レイヤー迷子にならなくてよいのかも…!?と
今更思いました。

こちらのページの説明、わかりやすかったです!
【極!ComicStudio】05_ レイヤーパレット[定規編]



«  | HOME |  »

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Profile

ミズ

ミズ

個人的に漫画を描いたり、

いろいろ作ったりしている

人間のブログです。

サイトTOP

ブログの説明はこちら

Recent Entries

Categories

Pixiv

サークル発行物

愛用してます

コダック

原稿時の疲労対策に

Works

気になるもの

Monthly

Advertisement

FC2Ad