Cyber Stage

Diary

3章Web版4話目を公開し終えました

先日、らくえれシリーズ3章「幻影に望め」Web版の4話目を最後まで公開しました。

Twitterで最終ページをアップしたのちに、サイトのコミックページマンガハックさんでも1話分まるっと更新しています。
(感想フォームからいただいたコメントにも、記事のラストで返信しております。)
まとめ読み派の方は、どうぞお好きなところでご覧ください!

ちなみに更新する際にわざわざ「Web版」という言い方をしているのは、Webと同人誌で話数がちょっとずれているからです。
※ Web版の3〜4話目を合わせたものが、同人誌版の3巻になります

なので、先日出した最新刊(4巻)はWeb版の5話目にあたるんですよね。
なんかもう3とか4とか5とかの数字が入り乱れてて、紛らわしくてすみません!


Web版4話目は扉絵があの二人だったので「そろそろ背後の人が出るんだろうな」というフラグは立っていたんじゃないかなと思うのですが。
出てきた人がちょっと意外な名前で呼ばれていたので、おそらく初見の方は「きたーーーーーー…ん?誰??!」みたいな感じだったのではないかな?と思います。

といいますか、「楽園に還れ」からそのまま「幻影に望め」を読んでくださった方にとっては、そもそも本気で「誰??????」な感じですよね。
「あのいわくありげな登場をした人は何者なんですか?!」と興味を持ってくださった方は、よかったら第2章「永遠に続け」をご覧ください。
色々と想像&考察が膨らむのではないかと思います。たぶん!

◆◆◆

キリのいいところまで公開したので、本編と直接は関係ない余談をひとつ語ります。
実は、マオラ(とその上司)はらくえれのプロトタイプを作るはるか昔、まだ私がランドセルを背負っていた時代にノートに描いていた「なないろファンタジー」というお話がきっかけで生まれたキャラクターだったりします。

昔の絵柄を思い出して、たぶん当時の自分はこういう風に描きたかったんだろうなと想像しながら描いてみました。
右下の、三つ編みねこみみの子が太古のマオラです。
なないろファンタジー

こういう感じの2.5頭身のこどもたちが冒険をするお話(※まだそこまで根気も集中力もなかったので、設定中心に考えていてノートにちょっとだけ漫画を描いて終わりました)で、そこから数年かけて派生したのがらくえれのプロトタイプでした。

さらにそこから紆余曲折あって今ではすっかり別物になりましたが、マオラ&ニクスを筆頭に、虹瑠たち漢字ネームのメイン勢は義務教育時代に生まれていたのでした。
設定などはそのままだと差し障りがありすぎたので大幅に変更したのですが、名前だけはそのままです。
なつかしい…
さらにいうと、元となった作品のタイトルが「なないろ」ファンタジーだったから、そこから派生したお話の主人公の名前が虹瑠になったのでした。
なにしろ(ピーッ)年前のことなので、らくえれも初期の頃は衣装にも謎の宝玉がついていたりして、もうちょっとファンタジーファンタジーした世界観だったような気がします。


なので、マオラとあの人が主従関係だったのも、1章を描き始めるはるかずっとずっと昔から決まっていたことだったのです。

1章〜2章のつながりについては、1章ラストでマオラが「かみさま」という言葉を発して章が終わり、次の2章冒頭はその張本人(らしき人)がぶっ倒れているところからはじまっている…という流れを意識してたんですよね。実は。
ずっと黙っていましたが、やっと公に言うことができました。
長かった〜ここまでが長かった〜〜〜!

描き始めてから7年間強、ずっと重要な人間関係について黙っていたのは結構忍耐力があったといえるのではないでしょうか?!(そうでもない?)

現在と過去でエピソードをぶったぎって章で分ける構成にしたために、先に「星亜」の方を登場させることになったんですが、人間だった頃の姿を描くのがとても新鮮でしたね…!
え〜〜〜こんなに感情豊かなひとだったんだ〜〜?!って思いました。今だから言える話ですが。


◆◆◆

さてさて、Web版の公開範囲に合わせてトーク解禁、というルールにしているので、ようやく例のあの人についても堂々と喋れるようになりました。
マオラのピンチに颯爽と現れた、ニクスと呼ばれているこの人…もとい「かみさま」。
2章の副主人公・星亜と姿が酷似しているんですが、何者なんでしょうね?!

何者なんでしょうねじゃないだろう!とツッコミが飛んできそうですが、いやまだ誰だかわからないですから!!(必死)

いつもきちんとしたキャラデザ的なものを用意しないでラフ&ネームからそのまま本番投入してしまうことが多いのですが、珍しく手元のノートに比較的マシな図解が残っていたので編集してみました。
クリックすると大きくなります。

ニクス設定画

Twitter版だと文字が小さくて読みにくかったよ〜という方はこちらからクリックしてみてください。
(あと、ボタンの数について間違えていたので修正しました)

「宣戦布告はすべて受けて立つ」と言わんばかりのセリフを残していったWeb版4話目のラストシーンでしたが、この後、お話は先日発行した 新刊「幻影に望め 4巻」へと続きます。
半年〜1年後にはWeb版の後追い更新を再開しますが、先の展開をすぐにでも読みたい!という方はよかったら通販もどうぞ〜。
BOOTH(PaperStageOnline)

◆◆◆

そして、最新刊を無事発行したところでさらに次のお話にも手をつけていきたいところなのですが。

この「楽園に還れ」シリーズは元々同人誌で描きはじめた漫画で、現在もコミティアなどの同人誌即売会をメイン活動拠点にして、最新話を同人誌で公開しつつWebでは時間差で追いかけ更新するスタイルで進めていました。
ですが、2020年春以降 COVID-19関係で世の中の情勢がどうにも不安定で、おそらくは来年もすぐには元の状態には戻らない(=気軽にイベントに参加するのがむずかしい)のではないかと予想しております。

ありがたいことに、今年一度もイベントに参加できなかったにも関わらず通販で新刊を追いかけてくださっている方もたくさんいらっしゃるのですが。(本当にありがたいことです…!)
この先、通販のみでこれまでとまったくペースで本を発行していくのは、ちょ〜〜〜っと厳しいかもしれないな?とも判断しています。

そこで。これまでと同じように漫画の続きを描いていくことにかわりはないのですが、新刊に添えたペーパーでも触れように、来年以降に描くお話につきましては、試しに「Web先行型」で公開してみようと考えています

あっもちろん、予想をはるかに上回るスピードでワクチンが市販化されて、気軽にイベントに行ったりあちこち行き来したりできるようになったら万々歳なので、そのときには意気揚々と新刊を作ってまたコミティアに申し込むつもりです。
その展開になってほしいですね…本当に!


最後に、肝心の次に描くエピソードについて。
プロットはだいぶ前から手をつけているのですが、(いろんな意味で)めちゃくちゃ難しい内容になりそうなので、まだしばらくネームには進めないと思います。
年末年始の休暇にプロットを詰めて、年明けにネームを開始して…Web先行でいくなら全ページ仕上げる前に公開し始めることも可能なので、春頃にスタートすることもできなくもない…でしょうか?

なにしろやったことがないスタイルなので、探り探りで進めることになりそうですね。2章ほどではないものの、わりと独立したエピソードになるのではないかなという感触です。

内容の予告としては、ずっと存在だけは臭わせていたこの人がようやく出ます!とだけ!!
(デザインは変わる可能性があります)



あとちょっと気がかりなのが、Web先行で公開するにしても、はたしてこれはTwitterでやってよい内容なのかどうか…
いえ!別に年齢制限のある描写はないですし、残酷表現も(たぶん)あまりないですし、悪意をもった登場人物も(たぶん)おらず、情がないなんてことはなく、むしろ情しかないエピソードだと自分では思っているのですが!!!
ただその…元気がないときに見ると、MPが削られる話になりそうなんですよね。

こういうのは内容というよりは演出で決まるのかなあと思うので、ネームを切りつつ考えてみます。
いろんな方に読んでいただきたいという想いはあるので、できるだけ間口を広げた表現にできるようがんばります。

◆◆◆

最後に、いただいたメッセージへのお礼とお返事です。
お心当たりのある方は、よかったらご覧ください。
(新刊へのご感想に関しては、まだお読みでない方も多いと思いますので別記事にて返信させていただきます)

続きが折りたたまれている場合は右下の「続きを読む」からどうぞ!
 





 
 
> 最新話の着ぐるみ着たまま〜の方
コメントありがとうございました!
ダブルクマハンドからのドターン、考えていた以上にコミカルなシーンになってくれました〜。
悲鳴も「キャー!」じゃなくて「ギャアアァ」ですしね!
助走をつけて飛び掛っているのでリアルに考えると勠南がちょっと(いやかなり)痛そうで気の毒なのですが、色々と虹瑠もひどい目にあってるのでお互い痛み分けということにしておいてほしいところですね。


> りここなさん
最新話も読んでくださってありがとうございました!
ちなみに長文はむしろ大歓迎です!「あの人」登場時に感じてくださったことのライブ感が伝わってきて嬉しかったです、削らないで送信してくださってありがとうございました!!
名前の由来についても、色々と調べて想像してくださって嬉しいです。
読んでくださっている皆さん、神話やラテン語に詳しい方が多くてさすがだなあと感心してしまっています〜。

他にも着ぐるみの使い方とか、ツェルテの意味深なセリフとか、ものすごく要所を押さえていただけて…!
オプティに関しては「うわあ…とっても鋭い…!」と感動してついつい先の展開までしゃべってしまいそうになってしまったんですが、ひとまず核心的な情報が出てくるシーンまでは黙っておきますね。Twitterでの公開イラストも含めてあれこれ考察していただけて感無量です!

因果関係がやたらとロングパスするお話なので、今回の不明点が全部回収されるのはだいぶ先になるかと思うのですが、よかったらまた続きも読んでいただけたらとても嬉しいです〜!




選択肢をポチポチして送信してくださった方々も、どうもありがとうございました!
引き続きがんばります〜

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cyberstage0.blog55.fc2.com/tb.php/365-1c58e916

 | HOME | 

Calendar

« | 2021-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Profile

ミズ

ミズ

個人的に漫画を描いたり、

いろいろ作ったりしている

人間のブログです。

サイトTOP

ブログの説明はこちら

最近の記事

よく読まれている記事

漫画用にiPadProを買いましたメモ

花粉症対策2019年まとめ

Categories

レンタルサーバー

愛用してます

コダック

原稿時の疲労対策に

Works

気になるもの

Monthly

Advertisement