Cyber Stage

Diary

コミティア126終了報告

先週のコミティア126に参加された皆さま、お疲れさまでした!

コミティア126感謝絵

色々とあれやこれやが重なって密かに準備段階でピンチの連続なイベントでしたが、無事に新刊も出せて、お手にとっていただけてよかったなあと胸をなでおろしています。
イベントのたびに思うことですが、こうして自分が描きたいお話を本という形にして、それをお手にとって読んでいただけるということが本当に嬉しいです。
どうもありがとうございました!

当落がわかった頃に、さりげなく(いや堂々と?)誕生日だということをつぶやいていたら、プレゼント&差し入れをたくさんいただいてしまいました。
直筆のお手紙やイラストまで…!
お気遣いくださった方々、本当にありがとうございます。

いただいたお菓子や入浴剤は、日々を生き抜く為のエネルギーにさせていただきます。
また、イラストは順次Twitterでご紹介しつつ、いただきものモーメントに載せさせていただければと思っています。

コミティア126でいただいたもの




そして、イベントも終了したということで、まずは先にいくつかお知らせをさせてください。

【当サークルの作品に関して】
イベント中になくなってしまった一部の在庫に関して、その場で「Webでも内容を途中まで読めます」とお伝えした方へ。
当サークルでは、以下の二カ所でも漫画を公開しています。

自サイト内コミックコンテンツ
マンガハック

マンガハックさんのほうがスマホ&PC両方に対応していて読みやすいと思うので、本で欠けている部分につきましては、お手数をおかけしますが上記のリンクからお読みください。
「楽園に還れ」「永遠に続け」はどちらからでも読めますが、とっつきやすさ&発行順的には「楽園に還れ」の方が導入によいかもしれません。
(ただし、絵は「永遠に〜」の方が新しいです。お好みのほうで…!)


【通販に関して】
「楽園に還れ 総集編」「幻影に望め 1」「幻影に望め 2」
以上の3冊に関しては、BOOTH倉庫を利用して通販をはじめる予定です。

PaperStageOnline - BOOTH

本日、BOOTHさんから入荷作業開始のお知らせを受け取りまして、これから入荷完了まで1〜2週間ほどかかるそうなので、12月中旬頃には在庫ありステータスになるのではないかと思います。
入荷済みになったらTwitterでもお知らせする予定ですが、平日はあまりTLに浮上できないことが多いため、確実に情報を手に入れたい方は「入荷お知らせメールを受け取る」のボタンを押しておいていただけるとよいかもしれません。

「永遠に続け」は通販に回すにはちょっと心もとない在庫数なので、次回イベントに参加するときに残りをすべて持っていきますね。
その際には、お取り置きも受け付けようかなと思っています。
(在庫切れのせいで、途中の一種類だけ抜けができてしまった方もいらっしゃるでしょうし…!)


【次回イベント参加予定】
次に本を出せそうなのはいつだろう…早くても来年5月かな…?とうっすら考えていたのですが。
開場中に次のイベント参加についてお尋ね頂いたときに「たぶん5月に出ます」と言い切ってしまったので、ひとまずそこに合わせてスケジューリングしてみようと思います。

イベントは新刊を出せる時期に合わせて申し込んでいるので、無理そうだなと判断したら見送ります。
またイベント申し込みの締め切り間近に詳細をお知らせしますね。




でもってここから先は、今回の新刊の話に関してです。
特に大きなネタバレには触れていませんが、一応ご注意ください。

↓↓↓
 


 
…というわけで。
今回の新刊から、舞台が「現代」に戻ってきました。
1話目だけは3年前にかいていたとはいえ、虹瑠たちを描くのは本当に久々で…(いえ、虹なんとか君は1年前にも描いていたといえば描いていたのですが)なんとも懐かしい気持ちになりました。

1章&2章は、それぞれ
「名前のない少年が『覚醒』という謎の現象に巻き込まれて、虹瑠という人物の記憶を手に入れる」
「人が永遠の命を持っていたはるか昔の世界で、一人の警備兵と魔術師が出会い、絆を深めていく」

といったシンプルな軸があったのですが、3章以降はもうちょっと複雑に、いくつかの要素が同時に絡み合ってすすんでいきます。

特に大きめの軸がみっつよっつほどあって、どの部分から切り崩していくか描きはじめの段階ではまだ迷っていたため、どちらの方向にも舵を取れるような出だしにしていました。
それが1冊め(赤い表紙の本)だったのですが、「こっちから攻めよう」と決めて一歩進み出したのが今回の新刊(緑色の表紙の本)です。


1章が終わり、自分たちを取り巻いている状況(現象)はわかったんですが、虹瑠たちの立ち位置は今の時点ではかなりフワフワしているんですよね。
かつての仲間たちと再会はしたけど、これからどうしよう?差し迫った問題があるわけじゃないし、しばらく様子見でいいんじゃない?みたいな。

ですが、虹瑠たちに接触してきたマオラと、1章ラストで絡んできた青年たち、そして今回から登場した怪しい人は、全く別のなにか強い目的を持って動いています。
どこか蚊帳の外…というか他人事だった虹瑠たちも、そこに巻き込まれて、あるいは自らの意思で近寄って、無関係の第三者ではいられなくなっていく。というのが、目下のメインストーリーになりそうです。


次の新刊、3話目が終わった時点では、勢力図というか、それぞれの立ち位置が明確になった新たな人物相関図的なものも公開できるのではないかと思います。
フラグを立てまくっているあの人(あの人)もそのうち登場すると思いますので、あれこれ予想しつつお待ち頂けましたら嬉しいです。
いえ、わからないんですけどね!全然違う人がでてくるかもしれないですし!(?!)



3章Web版の公開は、一度サイトに手を入れて態勢を整えてからにしたいので、早くても年明け以降になると思います。
…がしかし。
どうも今回、私がわかりにくい頒布をしてしまったせいで、新刊を買ってはみたけど1巻を読んでいなかったよインシデントが複数発生してしまっているようで非常に申し訳なく…!

外部サイトで公開する時は色々と準備が必要なので、1話目だけでもこっそりサイトで先行公開してしまってよいかもしれませんね。
そろそろ話数も増えてきて構成がややこしくなってきたので、どうやってこの先作品を公開していくかも含めて年末年始のおやすみでじっくり考えてみたいところです。
悩める長編描きさんの集いみたいなものがあったら、わりと切実に参加したい気分…

あとこれは個人的な問題なんですが、今回から慣れないソフトで作画しはじめたため、まだ画面作りの勘がつかめていない面が多々ありまして。
次の本を出す時までには攻略しておきたいです。
今回は最初から最後まで、ままならぬーままならぬーと嘆きながら描いていた気がします。
 
まんがは…むずかしい……(いつもの締め)


 
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cyberstage0.blog55.fc2.com/tb.php/334-1364a5f2

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Profile

ミズ

ミズ

個人的に漫画を描いたり、

いろいろ作ったりしている

人間のブログです。

サイトTOP

ブログの説明はこちら

Recent Entries

Categories

レンタルサーバー

愛用してます

コダック

原稿時の疲労対策に

Works

気になるもの

Monthly

Advertisement