Cyber Stage

Diary

2章4話目を最後まで公開しました(1)

最終話のネーム完成以降、問答無用でイベント準備期間に突入してそちらの告知が中心になってしまいましたが、密かにウェブでも続き(同人誌版の4巻部分)を公開しはじめています。

(※クリックでマンガハックさんの最新話へ)
永遠に続けメインビジュアル

以前にも少し告知していたような気がしますが、4巻は長いので4話5話にわけて、前半部分が終了したところです。
山場………………というか問題のシーンはこれからですね。


さて、4話はお祭り回なわけですが。
想像力貧困なせいか、まだ絵を全く入れていないプロットの段階では、出店が並んだりお神輿が練り歩いてる中で金魚すくいをしてるイメージばかりが脳裏によぎって困りました。
髪の色のせいか、釐於子は浴衣を着せても違和感がない気がします。

浴衣


「叡謝祭」という名前も、最後まで悩んでいました。
漢字のネーミングなのは確定なんですが、よその国のお祭りを日本語に訳すときはどういうルールにしてるのかな〜とか調べてみつつもどうにもピンとこなくて…。
悩んだ挙句、完全な造語になってしまいました。

「まつり」と一言でいっても、どの漢字を使うかで意味合いもちょっと変わってきて、一般的には、感謝や祈りや慰霊のために神仏および祖先をまつる儀式を指すことが多いらしいです。
(と、プロットを考えてる時に見た、wiki先生が言っていました)

ただ、この時代には「魂」とか「先祖」といった人の生死から生まれる概念がないため(さらにいうと、豊穣を祈るといった感覚も薄そうなため)、この叡謝祭は、たとえるなら宗教色の強い建国祭…といった感じのものなのかなと思います。
神様および、神様から授かった知恵と、神様の代理をしている「王」を称えましょう的な感覚なのかなあと。


叡謝祭

そんな回なわけですが、お祭り回と言い切ってるわりには、肝心の祭り描写が少ないんですよね。
おまつりって、その世界の文化とか風習とか風俗とかがダイレクトに関わってくるイベントなので、うまいこと作中で独自の行事を描写できたら、いろんな意味でベストだったんですが。
(出し物が〜とか言ってるので、一コマでもいいのでそういうものを描いた大ゴマを使っておけばよかったのかなと)
でも、一言でいうなら難しかったんです…!

おそらくこの章最大の難所が、まさにこの3〜4話目だったんですが。
難しかった原因のひとつは、架空の世界の風俗ビジュアルをどう漫画に落とし込むかが自分の中で明確になっていないからだったのかもしれません。
どこか仮でいいので、舞台モデルを決めておけばここまで悩まずに済むんですが…が…………!!!

◆◆◆

最初、絵的にこういうのがいいな〜とぼんやり考えていたのは、ベトナムのイーペン祭りみたいな空中灯籠流しでした。
小型の熱気球(スカイランタン?ていうんですかね?)を空に飛ばすやつが、絵的に映えそうだなあと…そんな方向のものをアレンジして何かできないかなと…思いつつその儀式の由来とかを調べていたんですが。
あれは、仏陀に感謝の気持ちを捧げて苦難を消して云々…とかそういう儀式のようなので、作中のおまつりの趣旨的にはちょっと結びつかなかないかな、と判断してやめました。

スカイランタンはポーランドの夏至祭でも行われているようですが、あっちも健康と豊作を願う儀式が大半なんですよね。


とにかく、絵的に映える方が、漫画としては楽しみどころが増えるので…(描く側は死にますが)
色粉をかけあったりとか、指定の場所にろうそくを灯しにいったりとか、献花しにいったりとか。他にも、共通の旗を持ったり腕輪をつけたりして街を歩き回ってもらったりとか、なんでもいいので参加型のお祭りにしたかったのですが。
最終的には「無理に特有の行事を作らなくてもいいか」と断念しました。

一言でいうなら、シナリオにうまいこと架空の風俗を落とし込めなかったというやつです。
かなりギリギリまで考えたんですが…
チョット ワタシニハ ムズカシカッタデス。

ただ、詳細を描いていない分、ある意味この先も自由に描写できるという余地が残されているわけで。
何か「これだ!」というものを思いついたら、いずれ回想シーンでリベンジしたいです。

◆◆◆

更新の補足記事のわりには長くなってしまいました。
しかもまだ続きます。
「果たしてこういう与太話は楽しいのだろうか…?」と若干疑問もわいてきましたが、お好きな方は読んでやってください〜。


〜おまけ〜
縁日の屋台やお神輿的なものばかり頭に浮かんでいた頃の名残で、未だにこういう妄想をしています。

金魚すくい

星亜は金魚すくいで、水につけたとたんに網を破ってしまうタイプのような気がします。
別に金魚が欲しいわけじゃないけど、うまいことできないのが悔しくてムキになっていそう。

飲食ができない設定のせいで、この二人は小ネタの内容も限られてくるんですが、伝家の宝刀・現代パロディに望みを託したいところです。
りんご飴を買って、どうやってかじればいいのか困惑して欲しい…。(食べれないけど!)


 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cyberstage0.blog55.fc2.com/tb.php/310-4077e4a7

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Profile

ミズ

ミズ

個人的に漫画を描いたり、

いろいろ作ったりしている

人間のブログです。

サイトTOP

ブログの説明はこちら

Recent Entries

Categories

Pixiv

サークル発行物

愛用してます

コダック

原稿時の疲労対策に

Works

気になるもの

Monthly

Advertisement

FC2Ad