Cyber Stage

Diary

ちょっとしたこぼれ話

夏に発行した準備号のあとがきでもちょっと触れたのですが、こちらでも。
今回の新刊で出てくるキャラクターが
某短編の、あの二人とちょっと似てるよね?の件について
先手を打って(?)今のうちに説明しておきます。

結論としては、まったくの他人で、話としての関連性はないんですが
キャラクターのベースが同じです。


と、言われてもわけがわからないですね。

どういうことかといいますと…
あ、ちょっと長くなりそうなので、興味のある方だけ
目を通していただければ充分なのですが…!

(以下、折りたたみ)
   
今のサークル名で活動する前にも
創作ジャンルで本を出していた時期があったんですが
どうにも、自分はキャラづくりというのが苦手でして。

苦手というよりも、自分の趣味性をキャラクター面に押し出すのが
どうにも気恥ずかしかったのです。
漫画描いてるくせに、そこを照れちゃいかんでしょ!とも思うんですが
とにかく当時はどうしてもそっち方面で弾け切れなかったので
(これは以前の記事でも言ってたことがあるような気がするんですが)
登場人物に名前すら付けないで、できるだけ感情移入しないように
お話を作っていました。

元々、なにか作る時には話を先に考える方だったので
話に合わせてキャラクターを作っていきさえすれば、
それはそれで問題なかったと言うか。



そこから、色々あって漫画自体描かなかった時期とか、
行き詰まって悶々と考えたこととか、紆余曲折ありまして。

描いてる人が「えっ…これ、見せるの…?」「こんなの描いていいの…?」と
出すのを恥ずかしがって躊躇するくらいのもののほうが
読んでて面白いのではないか?ということに(今更)気づきました。

あっ、だったら、個人的な趣味性は
むしろどんどん出していったほうがいいのでは!?ということで
同人活動を再開してからは方向性を変えることにしたんですが。

やはり、急にはリミッターを解除できなくて
「キャラとはなんぞ…?」な感じで途方に暮れていました。
元々、話を考えるのが好きで漫画を描いてたので、
ついつい先に考えた話に合わせてご都合主義な動かし方をしてしまうというか…。

サイトにアップしてる読み切りのアレやソレも、
話自体はだいぶ前からできてたんですが
話だけ考えた段階だと、いまいち(自分の中で)盛り上がりに欠けて
これで仕上げてみるかーという気にもなれなくて
プロットだけ書いた状態でそのまま放置されていたのでした。

アレやソレ



さて。
そんな葛藤とはまた別のところで、同人で描くつもりはないけれど
脳内で長い間、あたためていたお話がありました。
現在進行中で描いているアレです。
(なんか語り口が日本昔ばなし風になっています)

ありがちな話ですが、長い間あたためすぎて発酵しかけているだけあって
キャラクターへの思い入れは十二分なものがありました。

なにがきっかけだったのかは忘れたんですが
ふと思い立って、アレのシナリオに、アレのキャラをあてはめてみることにしたわけです。
なにか化学変化が起こるんじゃないかな?という期待を込めて。

「このキャラにこの脚本を演じてもらったら、どういう動きをするだろうか?」
という一種の実験だったんですが、
これが(自分の中で)ものすごくしっくりいったんです……よ…………。



そういう事情で、あの短編のキャラのベースは、実はあの二人だったわけです。
アレ以外に、実はアレもベースがアレです。
(代名詞の多いテキストですみません)

とはいえ。

設定的にもまったく違うし、実際に動かしてみて変化もあったし
改めて考えてみると、あーこれ別人だなと思います。
現在進行中で描いているアレも、同人誌で発行するにあたって
相当、設定や構成を変えたりしましたし。

キャラクターとして、似てる部分があるのはともかく、
話の内容的に、関係有るように見えてしまったらまずいかな?と思ったので
今のうちに説明しておきました。

要するに、あまり気にしないでくださいw



なお、出すのを恥ずかしがって躊躇するくらいのもののほうが
読んでて面白いのではないか?論に関しては
そのまま、今描いているアレを描きはじめたきっかけでもあります。

こういうのが好きだっていうと笑われるかもしれないけど…
でも好きなものは好きだし…笑われてもいいじゃん?!
人生一度きりだし、臨終の際で「死ぬ前にアレを描きたかった…」って悔やむよりは
やっておいたほうがいいんじゃないかな!?!


という。

やりたいことに対して実力が伴わないかもしれないけど、
実力がついたら描こうなんて悠長なこと言ってたら
寿命がきちゃうじゃないですかーーーー!!!


という。


恥ずかしさを理由に躊躇するよりは、堂々とやりきって
「こいつどうしようもないなw」って笑われるくらいのところを目指したいですね!

どなたの発言だったかは忘れましたが
同人誌は性癖の履歴書、とは、よく言ったものだなあと思います。
これからも性癖の履歴書を量産し、堂々とイベントで頒布して
黒歴史を増やしていきたい所存です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cyberstage0.blog55.fc2.com/tb.php/232-0f19e020

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Profile

ミズ

ミズ

個人的に漫画を描いたり、

いろいろ作ったりしている

人間のブログです。

サイトTOP

ブログの説明はこちら

Recent Entries

Categories

Pixiv

サークル発行物

愛用してます

コダック

原稿時の疲労対策に

Works

気になるもの

Monthly

Advertisement

FC2Ad