Cyber Stage

Diary

アートアクアリウム展2012感想

最近展示やらなんやらに行きまくっていますが
金曜の会社の帰りにも、友人のボブ(仮)に誘ってもらったのがきっかけで
日本橋の三井ホールで開催されているアートアクアリウム展2012へ行ってきました。

5000匹の金魚が、ライトアップの中、
意匠を凝らした水槽に展示されている様子を鑑賞できるイベントです。

アートアクアリウム展2012・金魚アップ1

アートアクアリウム展2012・金魚たくさん

アートアクアリウム展2012・巨大金魚鉢

アートアクアリウム展2012・金魚の並ぶ水槽

アートアクアリウム展2012・金魚多面体水槽


写真の通り、幻想的でとても綺麗です。
綺麗ですが…綺麗なんですが、感想に困る感じの内容でもありました。

水槽内の酸素は足りてるんだろうかとか、照明がきつすぎて金魚には辛いだろうなとか
よく見ると金魚の死体が浮いてるとかの細かいところが気になって
演出を楽しみきれなかったのと、あと
夜からはドリンクOK&DJのいる音楽イベントになっていたというのが
困惑に拍車をかけていたのかもしれません。

魚を眺めるなら水族館の方がいいし
空間アートというには人が多すぎて本来の空間の魅力が半減して中途半端だし
クラブイベントにしては方向性が謎だしで
展示に対してどういう距離感で接したらいいのかわからなくなってきてしまった
…の、かも???


誘ってくれたボブ(仮)は私よりも困惑して
「電車内の吊り広告にはもうだまされない」と言っていました。

そんなに魅力的な広告だったのかな?と、改めて三井ホール入り口の
ポスターを見てみましたが…あー、うん……。
騙すとまでは言いませんが、広告のような情景を期待していくと
ちょっと肩透かしかもしれませんね。

空間系の展示は…人の密度で全然見え方が変わるから仕方ない…。



会場を出てから、三井ホールの中華料理店で遅めの夕食。
三井ホールで食べた中華料理屋の杏仁豆腐

食後に甘いものをつつきながら
「およげ!たいやきくんを思い出した」
「諸行無常を感じた」
「一日に何匹あの金魚が死んで何匹入れ替えられているのか」
「我々サラリーマンも所詮はあの水槽の中の金魚のようなもの」
と、謎の感想を語り合っていました。

なんですかね、これ。
水族館の魚とか、博物館の人間のミイラとかを見ても
こういう気分にはならないのですが…

綺麗なものを見てネガティブになるという、ある意味貴重な体験でした。

なまじ綺麗なだけに&場所がおしゃれなだけに、なんとも言えない気分になるのかもしれません。
悪趣味だけど綺麗だった、というか。
綺麗だけど悪趣味だった、というか。




でも、こんなことを書きつつも
なんだかんだで綺麗だなあと思って写真はたくさん撮ってしまったので
(※フラッシュなしなら撮影OKでした)
自分のことながら、人間は業が深いなあと思ったのでした。

アートアクアリウム展2012の金魚2

「綺麗だな〜という感想を果たして感じてもいいのか?」という
紙一重の背徳感を味わうには、よい展示でした!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cyberstage0.blog55.fc2.com/tb.php/113-e52c08bb

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Profile

ミズ

ミズ

個人的に漫画を描いたり、

いろいろ作ったりしている

人間のブログです。

サイトTOP

ブログの説明はこちら

Recent Entries

Categories

Pixiv

サークル発行物

愛用してます

コダック

原稿時の疲労対策に

Works

気になるもの

Monthly

Advertisement

FC2Ad