Cyber Stage

Diary

突撃!渋谷のヒカリエランチ ~茶寮 伊勢藤次郎編~

ヒカリエランチレポートシリーズ第三弾は、伊勢うどんのお店
茶寮 伊勢藤次郎(さりょう・いせとうじろう )です!
職場の近くに美味しいうどんのお店を探していたので、ヒカリエに来た時から気になっていました。
茶寮 伊勢藤次郎 のれん


で、最初から「食べよう!」と心にきめて
ろくにメニューも見ないで飛び込んでしまったので、店内でお値段を見て
給料日前なのに、 やっちまったな… と正直思いました。

一番お手頃な「伊勢うどんの膳」でも、1,580円… (;・∀・)
きゅ…給料日…………前………………………

すみません。三度目なのにも関わらず、ヒカリエなめてました。
ちょっとした衝撃が走りましたが(慌ててお財布の中身を確認しつつ)気を取り直して
料理を待ちます。
平日の午後、14時過ぎくらいだったでしょうか。
先々週に比べるとだいぶ人の多さは緩和されてきた印象ですが
まだまだ飲食店は混んでいます。

隣の人がお団子を食べているのを見ながら待っていたら…
きたーーーー!
茶寮 伊勢藤次郎の「伊勢うどんの膳」
写真だといまひとつ量が伝わりませんが、さりげにすごいボリュームです。
さらに、画面外に見切れてしまっていますが、小鉢やお漬け物もついています。

伊勢うどん!
伊勢藤次郎の伊勢うどん
本場の伊勢うどんというものを食べたことがないので
比較ができませんが、太くてやわらかくてホクホクのもっちもちです。
熱々なので、鰹節がよくあいます~。

いわゆるお汁に入ったうどんとは違って、器の底にお醤油が入っていて
鰹節・葱と混ぜて、麺に絡めて食べるタイプでした。
私は濃い味のうどんが好きなので、おいしかったです!


うどんだけでも充分お腹いっぱいになってしまいそうですが
まだまだあります。

こちらは手こね寿司!
茶寮 伊勢藤次郎の手こね寿司
手こね寿司も、これまた食べるのがはじめてだったんですが
つまるところタレに漬け込んだ赤身魚のちらし寿司なんですね。

wikiによると、忙しい鰹漁のなかで生まれた食事らしいですが
ご飯といい、上に乗っている大根(大根なんですよ!この白い球体)といい、
とても上品な味でした。
寿司飯はそれほど層が厚くないので、なんとかうどんと一緒でも
ギリギリ食べきれる量でした。いやほんと、ギリギリ。

「伊勢うどんの膳」は、うどんとお寿司がメインで
さらに茶碗蒸しと、伊勢たくあんと、小鉢(まぐろかな…?)がついてきます。
伊勢たくあんが辛口でポリポリ美味しかったです (*´ω`)


もうほんと、充分すぎるほどのボリュームだったので
これで締めだろうと思っていたんですが…

お膳を下げてもらった後に、お団子がでてきてびっくりしました。
茶寮 伊勢藤次郎のお団子
ビャー!なんかすごいのきたーーーーーー!!!!

黒ごまとみたらしの二種類。
焼きたてのお団子なので焦げ目がおいしいです。
黒ごまソースがものすごく濃厚で、さらにその上に白ごまソースと
すりつぶしたごまがかかっています。

なにこれすごい。


正直なところ、席についてメニューを見た瞬間は「高ッ…!!!」って思ったんですが
立地と、内容と、食後のお団子まで考えると、お値段は妥当だと思いました。
とにかく、ボリュームがすごいです。空腹じゃないと食べきれないかも?
軽くお茶をしに…というよりも
むしろ、充分お腹を減らしてから行った方がいいかもしれません。

うどんとお団子がおいしかったので、
個人的には、1,000円くらいでうどん+お団子のセットとかがあったら
もっと気軽に行けて嬉しいな~と思いました(^ω^)


 ※2013年7月追記※
 久々に行ったらリーズナブルなセット、できてました!
 ランチにちょうどよさげなメニューが増えていたので、ご報告しておきます。
 →久々に、渋谷のヒカリエランチ ~その後の茶寮 伊勢藤次郎編~


窓際の席は、なにげに渋谷駅が見下ろせて、いい位置ですしね。
ヒカリエ7階から見た渋谷駅
バスや電車が、ミニチュアみたいに見えてかわいいです。
黄色と赤のカラフルな電車が通り抜けていくのを見たんですが…あれは何線なんだろう?


それにしても、ヒカリエ内は
休憩スペースひとつとっても妙におしゃれですなあ…。
ヒカリエ内部
とにかく、常に混んでいるので椅子もなかなか空いていませんが。

「ちょっと煮詰まってきたからヒカリエいってくるわ」とか言って
フラフラ出かけられる身分になりたいです。

某セルリアンタワー(某の意味ない)に勤めている某社の子は
「会社専用のカフェがあって、いつでもクリーム付きのカフェを入れてもらえる」と
言っていました。なんだこの格差社会!
自分なんて、ボタン押したら粉末溶かしたお茶が出てくる機械があっただけでも
感動したというのに!!!!


◆◆◆◆◆

ちなみに、これまでのヒカリエランチメモは、こちらになります。
もしよかったらご参考にどうぞ~!

突撃!渋谷のヒカリエランチ ~博多うま馬(ラーメン)編~
渋谷ヒカリエのタコニョッキでランチ食べてきました

ヒカリエがいっぱいすぎて食べる場所がなかったとき用の
表参道~宮益坂~渋谷おすすめスポットなども
機会があったらまとめてみたいな~と思います。

一時期は、周辺のお店がヒカリエにお客さんを取られちゃって気の毒でした (;´∀`)




TVで話題の「河川蒸気」取扱店!和洋菓子専門店
スポンサーサイト

Photoshopで、拡大縮小と同時にウィンドウサイズが変わるのをオンオフする方法

Photoshopをクラシック環境から一気にCS5まで上げた時に
ショートカットで画像の表示を拡大&縮小すると
自動的に、いっしょにウィンドウの大きさまで変わってしまうようになったのが
落ち着かなくて地味にイライラしていました。

画像の外側に余白がある状態で全体図をチェックしたいから縮小したのに
ふちまでいっしょに縮小されてしまう!って… (;・∀・)
まあ、その辺の感覚は人それぞれなんだと思いますが。
要するに慣れてる環境が変わっちゃうと、使いにくいんですよね。

解決法が見つかった時のスクショが出てきたので
備忘録代わりに貼っておきます。



1:「環境設定」→「一般」のウィンドウを出します

2:デフォルトだと「ズームでウィンドウのサイズを変更」にチェックが入っています。
この状態だと拡大縮小にあわせてウィンドウのサイズが変わります。

Photoshopズームでウィンドウのサイズを変更オン


3:チェックを外すと、ウィンドウサイズが固定になります。

Photoshopズームでウィンドウのサイズを変更オン

半年くらい、ずっとジリジリしていたので
(ウィンドウサイズが変わるのが嫌で、CS5を買った後もずっとPhotoshop7を使っていたので…)
解決した時にはすっきりしましたw


「ズームでウィンドウのサイズを変更」がオンの時も、
シフトキーを押しながら拡大縮小すると、オフの時と同じ挙動になるようです。
奥が深いなあ…Photoshop。



世界一わかりやすいPhotoshop 操作とデザインの教科書 (世界一わかりやすい教科書)


世界一わかりやすいPhotoshop 操作とデザインの教科書 (世界一わかりやすい教科書)

我に返りました

先日の日記を冷静になって見てみたところ、
「金環日食について語っていたかと思ったら
途中から急にニンジャスレイヤーなるものについてシャウトしはじめて
最後にはわけのわからない奇声を発していた」
という、なかなかひどい事態になっていて反省しました。

「渋谷ヒカリエ」「ランチ」などのキーワード検索でこのブログにたどり着かれた方の目に
忍殺コトダマがどう映ったかを考えると、いたたまれない気持ちになります。

……………が、これが通常運営なので勘弁してください。ぺこぺこ。


なんだか色々と申し訳ないので、江ノ島の猫を貼っておきます。
江ノ島の猫写真


そんなニンジャスレイヤーも、秋頃にエンターブレインさんからコミック書籍化だそうで
すごいなあというかなんというか、おもしろければなんでもありだなあと思いました。

昔、アンディーメンテを勧めてくれた友人が
ずっと前から「これ面白いって!読みなって!!」とプッシュしまくってくれていたのに
なかなか手をつけていなかったのが悔やまれてなりません。


私は、ニンジャヘッズの中ではまだ素人中の素人なので
(余談ですが、新参のニンジャヘッズの事を「ニュービー・ニンジャヘッズ」と言うそうです)
ムラハチにされないかとても心配なのですが、
「ニュービー・ニンジャヘッズを優しくオープンにして迎えるのが
ニンジャヘッズに求められる奥ゆかしさ」らしいので
しずしずと、輪の中に加わり…いえ、加わらなくてもいいので
そっと見守らせていただけたらなと思います。


忍殺語は非常に中毒性があるので、
だんだんと頭の中がニンジャ色に染まってきて、描いている漫画の台詞の一部を
「ドーモ、チンピラ=サン、○○と申します」
「ハイクを詠め」
「スッゾコラー!」
とかにすり替えたくなってしまって困ります。

途中原稿

後半がモブ祭りなのが、忍殺妄想に拍車をかけているんです、きっと。


最近は、つり球と原稿以外では
きのことたけのこの戦争や、グンマーによる世界統一に精を出しています。
あと、EVOLのシュレード=サンが面白いです。

ちなみに、自分でも忘れかけてきていますが、このサイトは
オリジナルの漫画を公開するサイトです。



続きを読む »

金環日食とニンジャスレイヤー

朝から金環日食の話題で持ち切りでしたが
通勤でバタバタしている時間なので見れるはずもなく… (´;ω;`)

べ、べつに悔しくないし!
それにちょうど曇ってたし!!天体観測とか興味ないし!!!と、自分に言い聞かせつつも
実は悔しさいっぱいで帰ってきたところ、
曇天にもめげずに改造望遠レンズで空に張り付いていたらしい父が
写真データを送ってくれました。
金環日食1

わ~。
曇り空は、曇り空なりにいいものですねえ。
金環日食2
太陽の光が隙間から見えてるのも、いい感じ。

父は父で、趣味の写真ブログをやっているので
自分のブログを見てほしくて&紹介してほしくてたまらないらしいんですが、
なにしろその、なんというか、父の言葉の使い方は独創的すぎるもので…

モヒカンのことを素でモモヒンガーと書いてしまうような人なので
リンクを貼ろうにもためらってしまいます。
たまに母が、文章に校正を入れているらしいですが
それでも摩訶不思議な日本語が飛び交っているのであなどれません。




そして日食とは全然これっぽっちも関係ないのですが
友人から紹介されたニンジャスレイヤーがじわじわとマイブームです。

外国の人が書いた、ネオサイタマが舞台の
スチームパンクニンジャ小説を、
(たぶん)外国の人が訳してTwitterで配信してるんですが…
説明するのも野暮なので、とりあえずリストに入れてみるのをお薦めします。
公式ニンジャスレイヤー・アカウント

初期のサンシャイン牧場を見た時のような、謎の感動がこみあげてきます。
じわじわと洗脳されてきて、同じく最近読みはじめた同僚と
社内Skype会話(※)で
(※会社では、ミーティング以外はほぼSkypeでやりとりをしています)

「ドーモ、○○=サン、(本名)デス」
【厠】そろそろお昼行く?【寿司】
「おお、見よ!○○=サンの、華麗なるアンブッシュ!実際コワイ!ヤバイ!」
「オタッシャデー!」


などとやりとりを交わしている始末です。


このままだと、うっかり関係ない同僚や上司にまで

「ウカツ!サラリマン・カイギ、モウスグ!?アバーッ!」
「アイエエエ!ナンデ?IEバグ、ナンデ?」
「ピーシーのメモリ不足めいたアトモスフィア」
「ナムアミダブツ!」


などと答えてしまいそうなので、セプクしてケジメをつける羽目になる前に
自重しなければなりません…。

とりあえず単語だけ堪能したいという方は、こちらをどうぞ。
忍殺コトワザ・台詞bot

「ロウソク・ビフォア・ザ・ウィンド」
「ハイキングはドア・トゥ・ドア」で死ぬほど笑いました。
コトワザは卑怯だと思います。

個人的にお薦めなのは「カチグミ」の解説です。

「つり球」舞台の江ノ島に行ってきました(後編)

長過ぎるのでいったん区切りました
「つり球」舞台・江ノ島レポートの続きです!
前編はこちらから

江島神社辺津宮でお参りをして、さらに階段をのぼって
頂上方面へと向かいます。
道中は、ひたすら階段階段階段階段…………
緑が多くてとてもいい雰囲気ですが、ふくらはぎに結構きますw
江ノ島階段
この階段&参道を毎日昇り降りして通学している
ユキくんとハルくん、なにげにすごくないですか?!
ちょっと釣りの練習をしにいくにも、海岸まで降りないといけないわけですよね…
ひえええええ。

江ノ島エスカー」という屋外エスカレーターもあるのですが
有料なのでケチって歩きます。
…じゃなくて、散策したいのであえて徒歩を選びます。

途中にある中津宮では結婚式が行われていました。
が、ひとまず今回は割愛。
見所がありすぎるので、全部書いてたらレポートが
全5回とかになってしまいますからね!


とにかくひたすら上へ上へとのぼっていくと、ちょっと広いスペースに出ます。
ユキくんのおばあちゃんが働いているサムエル・コッキング苑や
江の島展望灯台があります。

実際には広場っぽいスペースになっているんですが
おそらく、ここがユキくんとケイトの家のあるあたりのようです。た、たぶん…。
おそらく、つり球のユキくんの家があるところ
いい場所に住んでいますね。というかケイトさん何者なんでしょうか。

去年来た時は、飲食スペースになっていたところに
テラスへの階段ができていたりして、どうも改装した(むしろ現在進行形で改装中?)っぽかったです。
軽食店の位置も、微妙に移動していました。

ここでは、江ノ島名物の焼きたてタコせんべいを食べることができます!
じゃーん!
江ノ島タコせんべい
(※ただし、今回食べたのはKさん)

タコ(たぶんマダコ?)を数匹、粉をつけてから丸々プレスして焼いたせんべいです。
途中の参道にもあるんですが、どっちかっていうと
頂上のお店の方が空いてる気がします。
タイミングにもよるのかもしれませんが。

ちなみにこのタコせんべい、とても薄いので
撮影しようと、手に持った瞬間に風が吹いてバリッと割れて飛んでいった
経験があります。お気をつけください。
上空を飛んでいるトンビも、さりげなく狙っています。


これまでずっと入ったことがなかった、サムエル・コッキング苑にも突入してみました。
江ノ島のサムエル・コッキング苑(ケイトさんの勤務先?)
英国貿易商のサムエル・コッキングさんが、明治時代に作った
温室が元になっている和洋折衷庭園です。

これまで見学費をケチって行ったことがありませんでしたが(すみません)
すてきな庭園でした!
ちょうど、このシーズンはお花が咲き乱れていてきれいです。
ハルくんがケイトにお花を渡されるシーンを思い出しちゃいました。
ケイトは、ここでお花のお手入れの仕事をしているんですかね?
ほんと何者なんだろう…。

島の外から見える江の島展望灯台(江の島シーキャンドル)もこの中にあります~。
金魚鉢を頭の上に乗せて「スカーーーイツリーーーー!」って
叫びたいロケーション!
江の島展望灯台2江の島展望灯台1

ちなみに、灯台へ入るには別料金がかかります。

歩いて登ることもできますが
いいかげん足が死にそうだったので、素直にエレベーターを使いました。
エレベーターでいける最上階から、さらに階段で上にあがることもできます!
屋外で風がすごいので、帽子やストールが飛ばないように
抑えるのに必死です。

アニメで、ユキくんが水鉄砲で撃たれて連れてこられてた場所は
さらにこの上の屋根部分ですね。こ、怖い…。

さっき、歩いてきた弁天橋が見えますよ~
江の島展望灯台から弁天橋をのぞむ
海や湘南の町並みはもちろん、民家や崖など江ノ島全貌が見渡せるので
お薦めスポットです!
体力に自信のある方は、ぜひとも歩いて降りてみてください~。


一通り、つり球スポットを観光し終わって、まだ11時過ぎ頃でしたが
早起きして歩いておなかペコペコだったのでお昼ごはんにしました。
この時間帯なら、まだ飲食店も空いていて
生シラスも品切れになっていないので、お店も席もメニューも選び放題です。

タコせんべい屋さんの側にある、レトロ感あふれるお店の
海が見えるテラス席にお邪魔しました!
生シラス丼か、江ノ島丼かで迷いましたが
ここはひとつまだ食べたことがないものを…ということで江ノ島丼をチョイス。

えの!しま!どーん!
江ノ島丼
ところで。
白状しますと、今日の今日まで、江ノ島丼って架空の食べ物だと思っていました。

す み ま せ ん。

親子丼の、鳥の代わりにサザエが入ってる感じで普通においしかったです!
(真っ昼間ですが)江ノ島ビールもお裾分けしてもらいました。
普通のビールよりも飲みやすい!


余談ですが、江ノ島はお店によって、同じメニューでもお値段が結構違います。
島の頂上近くに行けば行くほど安いという法則(?)みたいなのがあるので
上の方で食べておくのがオススメかもしれません。

江ノ島丼に至っては(具や付け合わせによるというのもあるんでしょうが)
島の入り口付近のお店だと普通に1350円くらいしました。
この日私が食べたのは、お漬け物つきで850円…。
美味しかったし、お店のおじちゃんおばちゃんもいい人でしたよ~。
駅で品切れになっていたつり球江の島MAP(絵コンテ付き)、くれましたし!

せっかくなので、Kさんが食べた、生しらすどーんも!
江ノ島の生シラス丼
去年来た時にも食べましたが、その日捕れたての生シラスなのでプルプルです。
生の方が貴重価値が高いので(現地じゃないと=捕れたてじゃないと食べれないので)
名物になっていますが、釜揚げしらす丼もおいしいですよ^^


まだ作中に出てきていないので、江の島岩屋方面は行かないつもりだったんですが
時間&体力的にいけそうな予感がしたので
勢いで突撃してしまいました。
ここまでの道のりで、道中の高低差が一番激しいので、おとしよりにはこたえますのう…。
午後になると混んできて、階段に血栓が出来ます。

江の島岩屋の近くは稚児ヶ淵という、磯釣りや磯遊びを楽しめる岩場になっています。
稚児ヶ淵で釣りをする人たち
波がザパーン!
海に近づくと、普通に水しぶきがかかります。

釣りに勤しむ人、肌を焼くリア充、岩上から水着で水たまりに飛び込む若者…
周囲がいい感じにはっちゃけているので
こっちも、お土産屋さんで買った水鉄砲に海水をつめて
ハルくんごっこにあけくれてみました。
つり球に出てきたハルくんの水鉄砲
撃った相手を操る水鉄砲…じゃなくて、ただのシオミズデッポウです。
目に沁みそうだったので、顔は撃ってません!

肝心の岩屋は、入館料がいるのと今のところ本編と関係がなさそうだったのとで
スルーしてしまったんですが、
よく考えたら竜神伝説や岩屋信仰が後半のストーリーに
絡んでくる可能性は高いですね (;´∀`)

岩屋の入り口にもポスター貼ってあったし…!

もしかしたら、後半に出てくるかもしれないので
そうしたらもう一度行ってきますw
入館料が大人500円だったので、ついためらってしまったのです。(真顔)



さて、だいぶ飛ばし飛ばしになりましたが。

まるっと江ノ島内部を満喫して
登ったり降りたりをしていったん江ノ島から出て、最後に寄ったのは
片瀬江ノ島駅方面に突き出ている片瀬漁港東プロムナード。
つり球で釣りをしていた片瀬漁港東プロムナード
そろそろ日も傾いてきていたので、写真も薄暗いですが
作中で3人が釣りをしていた場所です~。
角度によっては、最初の数話そのまんまな景色を堪能できますw

ちなみに江ノ島展望灯台の頂上から見ると、こういう形をしています。
江の島展望灯台から見た片瀬漁港東西プロムナード
右手に見えるのが東プロムナードで、左手に見えるのが西プロムナード。

東プロムナードには赤い小さな灯台、西プロムナードには白い小さな灯台があります。
1話目は赤い灯台が映ってたのでたぶん東プロムナードの方…のはず!



余談ですが、江ノ島周辺のファーストフードには
マクドナルドとファーストキッチンの二カ所がありまして。

5話に、バイトをする前に3人が会話をしてたファーストフードは
どっちだろうかということで、帰りに寄って検証してみましたところ、
店内の机の形と構造的に、マックの方がモデルでFAという結論に落ち着きました。
ヘミングウェイの立地にも近いし…!

メニューを食べて休憩しながら、わざわざ画像を探して
「あそこに並んだ机をこっちのタイプに差し替えてこの角度から店内を見たら完全に一致」
「トレイを片付ける台の位置さえ変えれば完璧」と
検証していた特定厨っぷりは、我ながらすごかった(ひどかった?)と思います。

こればかりはさすがに写真は載せにくいので、実際にご確認くださいw


最後に締めくくる1枚は、1話目に出てきた片瀬江ノ島駅!
赤×緑の配色が特徴的な、竜宮城みたいな雰囲気の入り口です。
小田急片瀬江ノ島駅
朝から歩き回ってへとへとですが、とても楽しかったです(^▽^)
グッバイ江ノ島!!

「つり球」、まだストーリー的には前半ですが
江ノ島っていいところなんだな!と改めて気付かせてくれた
いい作品だと思います。
記憶が正しければ江ノ島に来るのはこれで5回目なんですが、今日だけでも
新しい発見がたくさんありました。

まだまだ小ネタはたくさんあるので(猫とか猫とか猫とか)後日気が向いたら
写真とテキストを追加でアップしようと思います。


突発で書きはじめたつり球ツアーレポでしたが
ここまでおつきあいくださった方、ありがとうございました~!

(江ノ島聖地巡礼関係のブログ)
「つり球」舞台の江ノ島に行ってきました(前編)
江ノ島つり球ツアーおまけ

続きを読む »

 | HOME |  »

Calendar

« | 2012-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Profile

わたらせ瑞

わたらせ瑞

個人的に漫画を描いたり、

いろいろ作ったりしている

人間のブログです。

サイトTOP

ブログの説明はこちら

Recent Entries

Categories

Pixiv

サークル発行物

愛用してます

コダック

原稿時の疲労対策に

Works

気になるもの

Monthly

Advertisement

FC2Ad