Cyber Stage

Diary

2章最終話のネームができました

年明けからずっと苦戦していた、2章最終話のネームが終わりました。
全部で103ページです。

2章最終話ネーム

全部で103ページです。
大事なことなので何度も言いますが(古い言い回しだと自覚しつつ、あえて使います)103ページです。
ちなみに、昨年の冬コミ合わせに60ページ強を一気に描いた時には「もう二度とこんなページ数は一気に描かない」と言っていました。
二度とやらないどころか、なぜ舌の根も乾かぬうちにページ数を更新しているのでしょうか。

最終話…というか、つまるところ3話分の最終エピソードですね。
100ページ強を一気に描くのはとてもしんどいので(現にネームの時点で気が遠くなったので)、大きいまとまりで3分割してネームを切りました。
制作も3分割で進めていこうと思います。
ひとまず、最初の1話目だけでも作画に進められるように、コミスタに貼ってみました。

2章最終話進捗1

本にした時に分冊するかどうかは、今年の後半、どの時期にイベントに出るか次第で決めようと思います。
少なくとも5月合わせには確実に間に合わないので、そこは無理せずいきます…。
できないものはできないと、悟りました。

なお、「楽園に〜」シリーズはいつも同人誌の方で先行公開して、時間差で(半年ほど経過してから)Web公開しますということにしているのですが、今回の2章最終エピソードに関してだけは例外にしようかなと考えています。
演出上の都合で、ラスト20ページ弱を公開するタイミングを、同人誌とWeb版で揃えたいなと思いまして。

その関係で、5話目(話数を調整するので6話目になるかも?)は、あえて即売会よりもWeb版を先に、少しずつ公開していくことになりそうです。
まだ計画段階なので確定したわけではないのですが、未公開部分をリアルタイムで更新していくというのは何気に初めてなので、新鮮な気持ちです。

◆◆◆

長編は、それまでの過程が長ければ長いほど、締めるのに必要なページ数のボリュームが膨らむので覚悟しておけ、と聞いたことはありましたが。
今回改めて、なるほど〜という心境になりました。

回収するつもりのなかった要素まで回収してたら、あれよあれよという間に膨らんでこの有様です。
1章最終話の時も「たいへんだ…すごい長さになった…」と震えていましたが、今思うと、あの量ならまだかわいいものでしたね。
それにあの時は、前の会社を辞めて次の仕事を始めるまでのインターバルがあったので、そこで集中してガッと描くことができたというのもあり。
今回は…まとまった休みもないのでどうなることやら……いや、今年こそはお盆休みを堂々と使えるのでワンチャンあるかもですかね…?
夏コミの申し込みを控えたのは、つくづく正解だったなと思いました。

最終エピソードなだけあって展開的にもクライマックスなので、見開きやら多段ぶち抜きやらも多用しています。
ので、実際に描いてみると、作画のボリューム的には実際のページ数より少なめなのかもしれません。
内容を詰め込めばもう少し短くできたかもしれませんが、ここぞというところでは演出と読みやすさとテンポを優先させる…ということで、途中から割り切りました。

この調子だと、本編全体の最終エピソードは200ページを超えてしまいそうですね。(笑えない)
まだ体が動くうちにそこまでいかなくては…。

◆◆◆

これから公開するところなので、詳細には触れませんが。
ネームを最後まで切ってみて、一言でいうなら「予定通りの終わり方だけど、予想以上のところに着地したな」と思いました。
シナリオ上で必要なポイントを押さえるだけじゃなくて、登場人物それぞれの感情面でも納得がいくところにたどり着けてよかったなと…。
何かしら出来事があって、それぞれの心境にも変化があって、それが次の出来事に繋がっていったんだなと…その流れを描くことができて本当によかったです。
(いえ、実際に描くのはこれからなんですが!)

あまり先入観を持っていただきたくないので、毎度ぼかして「読んでください」ばかりになってしまってて恐縮なのですが。
それでも、引き続きお話を追いかけていただけたらとても嬉しいです。



「最終話のネームが完成したタイミングで、Webで4話目を公開し始めます」と言っていた気がするので、ぼちぼちそちらも公開の準備を始めようと思います。

今月の中〜下旬くらいになると思いますので、「これまでのお話は忘れちゃったよ!」というWeb派の方は、ひとまず下記リンクからこれまでのお話をどうぞ。
↓↓↓

永遠に続けメインビジュアル

次のお話のイメージ(?)は、このあたりをご参考に。
4話目以降のお話(C91特設ページ)

◆◆◆

ここから先は、余談なのですが。
漫画を描くときには「エンドマークをつけて最後まで仕上げてはじめて、その漫画を描いたことにする」という脳内ルールを設けていたりします。

なんていうんでしょうか。
完結するまでは、話やセリフを考えたりコマを割ったり絵を描いたりはしているけど、自分の中でまだ、その作品を描いたということにはなっていないというか…(?)
(※あくまで自分の中にだけ適応させている独自ルールなので、人様に対してどうこうというのは全くないです)

大昔に、気になっていた作家さんの対談かインタビューか何かで「とにかく最初から最後まで話を完成させた方が物語の構成力が身につく」的なアドバイス(うろ覚えです…)を耳にしたのがきっかけで。
よっしゃーじゃあまずは完成させることに慣らしていくぜという感じで、それからしばらくはひたすら短編を量産していました。

それまではわりと、設定だけ考えて膨らませるだけ膨らませて、途中まで手をつけて放置…みたいなこともよくやっていましたが、確かに、何が何でも完成させる癖をつけるようにしたら、多少プロットで難航してもゴールまでたどり着けるようになったかなと。
なので、今もその延長で独自ルールを続けています。

ただ、長編でそれをやってしまうと苦しいので、「楽園に〜」シリーズに関しては、章単位でひとつの話という風にカウントしています。
それでも2章に関しては、100ページ強を描いても「まだ描いてない」ということになっていたので。
これで自分の中でもようやく、この話を「描いた」ことになるんだなあと思うと、とても感慨深いです。

 
スポンサーサイト

部屋とニーハイと冬コミ原稿と私

いいニーハイの日なんてものがあるそうですよ!

というわけで、ここぞとばかりに、ニーハイ代表の零霸さんに出てきてもらいました。
3話目の表紙だった絵ですね。なつかしい。
今見るとバランス的にアレなところが目立ったので、慌ててちょっと手直ししました。
このころのほうが真面目に塗っていますね(…)

ニーハイの日

11月は、いい○○の日が多いのでお題には事欠かない月なのですが、どうも当てはまるキャラがいなくて素通りしがちでした。
夫婦も兄弟もいないし、ポッキー売ってないし、イベント的に乗れそうなのは肉くらいでしょうか。



脱稿するまでは集中しようと思って、長らく沈黙を保っていたら広告が出てしまったので、慌てて進捗を書きにきました。
原稿でもその他の製作物でも、「まずはギリギリ完成と言えなくもないような限りなく完成に近い状態に仕上げておいて、最後に残った時間で詰められるとこまで詰める」というやり方で進めることが多いのですが、今回もそんな感じで最後の大詰め作業中です。

締め切りまであと二週間くらいで、余裕はあるといえばあるのですが。
今回、とにかくページ数が多くて全体を把握するだけでも手一杯なので、ラストスパートの時間配分に気をつけないと、あっという間に締め切り当日になってしまうような…???
絵もだけど、文章もちゃんと見直さないといけない予感がします。
ここちょっとおかしくない?という表現が…きっとあちこちに……。


そんな4話目の表紙はこんな感じです。
回想バージョンの、星亜と彩緋(サイヒ)さん。
C91新刊表紙途中
彩緋は名前からして赤いんだろうなと思っていたら、やっぱり赤かった…!
これはざっくり色を置いた段階のものですが、方向性はここから大きく変わってはいないので、このまま仕上げることになると思います。



あと、そろそろ地名と人名が煩雑化してきたので、こんな感じの模式図を用意してみようかなと思っています。

王国所属図

過去編の舞台はちょっと特殊で、ただ一人の『王』と呼ばれる存在が世界をおさめる、ピラミッド型の中央集権社会…ということになっています。
とはいえ、ざっくり世界といっても広すぎるので、中央/東/西/南/北の5地方に土地を分けて、『中央』が東西南北の下部組織を束ねているかたちです。

東西南北には、それぞれ中央から派遣されたその地の支配者がいて、3話目で出てきた慧畄瑳(エルサ)はその中の一人です。
それぞれの地域をさらに細かく区分して、郡と呼び、配下の者に管理させています。

地下室であれこれしていたおかっぱ様…もとい砒削(ヒサク)は、西方の一地域である虎白郡を治める管理権限を委託されている立場ですね。
えらい人の目の届かないところでフリーダムに色々やってるつもりが、実はバレていて、抜き打ち調査されそうになってたタイミングだったというわけでした。

このへんの、どこまで本編内で説明するか迷いどころなことも含めて、そろそろまとめておきたいところです…。
用語集とか、FAQページとかがあった方がよいのでしょうか。
需要があるかどうかは微妙ですが………需要…需要…

◆◆◆

需要そっちのけつながりで。
ついでなので、ツイッターであげていた進捗画像で、手元のフォルダに残っていたものをまとめて貼ってみます。


回想シーンにて、おかっぱ様再び登場

2−4途中経過2


油断するとすぐ男性モブを描いてしまいます
男性モブ


頭が疲れてくるとやりたくなる、トーン遊び

トーン遊び1


頭が疲れてくるとやりたくなる、トーン遊びその2
このトーン何に使えばいいの?!
トーン遊び2


真面目な進捗の一部

2−4途中経過1


最後の修正ラッシュでまるまるボツになったコマ
ボツ


こんなところでしょうか!
夏コミ前からスタートして、長丁場すぎてそろそろ息切れがしてきた4話目ですが、今回かなり大事な回なので。
大きなミスもなく着地できるよう、体調管理には気をつけて脱稿までの道のりを走り抜けたいところです。
寒いと動けなくなるので、どうかこれ以上雪が降りませんように〜。


 

進捗

気づけば夏コミから一ヶ月経っていました…!
水面下で、4話目の作画も進んでいます。

2章4話進捗

Twitterに投下したらくがき(?)も溜まってきたので
どこかでサルベージしたいところです。
(後日、この記事に追記するかもです)

冬コミ原稿の進捗と再版

冬コミ新刊の原稿、本文はほぼ埋まりました〜。
埋まっただけでまだ完成じゃないのですが、
これから気になるところやおかしいところを仕上げていきます。
その前に、表紙の方も進めておかないとですね。

冬コミ原稿の進捗

9/9の記事に貼った進捗図と比べると、なんとも感慨深いです。
手の遅い自分にしては、わりとがんばったんじゃないかなと…?

ちなみに、記事に貼ってあった
枠線定規しか引いてなかったページの使用前使用後はこんな感じです。

【ビフォー】
原稿の枠線進捗

【アフター】
原稿の進捗・その後

改めて見るとあまり絵の入らないページだったんですね、ここ。
入稿前に、もうちょっと背景足すかもしれません。

◆◆◆

そういえば今回、はじめて対称定規というやつを使ってみましたが、便利ですね!
というかこれ、コミスタにもあったんですね。
クリスタだけの機能だと勝手に思い込んでいました。

便利な機能が色々と備わっているわりに、ぜんぜん使いこなせていない気がします。
らくえれ1話めの頃は、パース定規の存在すら知らなくて
アナログの時と同じように手動パースでゴリ押ししていましたしね…!

というわけでさっそく、山猫亭の看板に使ってみました。

コミスタ対称定規


ウワー便利!
これを、こうして…


対称定規を使って描いた看板


こうじゃ!

左右対称すぎるとそれはそれで不自然なので
ちょっと非対称感があったほうが落ち着くんですが
全体的なバランスを取りながら描けるだけでも、だいぶ時間短縮になりますね。

これまでいちいち左右反転して修正を繰り返しながら
形をとってたのはなんだったんだろうなと思いました。

◆◆◆

また、総集編の再版分も入稿して先日無事に現物が届きました。

楽園に還れ総集編 再版

二版目は、そんなに大幅には変更しておりません。
気になってた輪郭を整えたり、トーンを追加したりはしています
…が、どれも、パッと見ただけだとわからないレベルの修正だと思います。
いわゆる、本人だけが気になるという類のものかなとw

ハックさんで公開する時に、わりと手直ししたような気がしていたんですが
微調整程度では、全体の印象はあまり変わらないものですね!
過去を気にするよりも、気になったところは
次の本で変えていったほうが建設的なんだろうなあ、とか。

あと、話に差し障りがない範囲で
セリフのニュアンスを多少わかりやすく変えたりとかしたような
気もするんですが…するんですが、記憶が曖昧です。


イベントに参加するのはまだしばらく先ですが、焦らずしっかり準備して
当日に備えていきたいと思います。
ラストスパート進捗99%くらいのタイミングで、減速することが多いので気をつけないと…! (^ω^;)

チバくんと進捗

2年(?)ほど前に、忍殺のアンソロジーに寄稿した漫画を
Pixivにアップしておきました。
放映されるのは1部までだろうし、まずチバくんは出てこないだろうな…と
思っていたアニメイシヨンに、しっかりとチバくんが出てくれたので満足です。



各種メディアミックスを見る限り、
コケシカットという髪型は襟足短めのおかっぱという解釈なんですかね。
「ぱっつん系の、ちょっと長めのおかっぱが…好きなんや…!」
という願いを込めて好き放題描きました。


最近は、作画モードに突入したので描けそうなところから
ひたすら埋めていっている日々です。

夏コミの新刊を描いているときから、どうも描きづらいな〜
ペンタブの筆圧感知機能が衰えてきたかな〜と感じていたので
ペンの3代目を買ったらだいぶ描きやすくなりました。
2代目はちょうど2年前のこの時期に買ったんですが、
自分の使うペースだと1年半くらいで買い換えるのが正解の気がします!

「楽園に還れ」よりマオラ

それにしても、主人公……
いえ、本人が虹瑠と名乗りだしたので虹瑠と呼んでおきますか。
虹瑠とマオラは描きやすいなあと改めて思いました。
この2人がいるコマは、比較的サクサク埋まりますね。

余談ですが、このお話のキャラ名は
漢字に変換しにくいよという方が大半だと思うので、
なにか一言お伝えしていただく際には、カタカナやひらがなで呼んでいただければと…w
(実際にご感想をいただくときは、カタカナ派・ひらがな派の方が半々の印象です)


2章も地味に、コミックコンテンツにちょっとずつ追加していますので
Webで読むよ派の方はそちらをどうぞ!

表紙あとちょいです

あとちょっとのところで手こずっているので、進捗だけでも貼っておきます!

途中段階を見てくれた友人に
「服を着てる!」と突っ込まれたのがおもしろかったですw
け、決してこれまで着てなかったわけでは…!

夏コミ新刊表紙

とはいえ、作中ではまだ着替えていないので
微妙に表紙詐欺です。
真っ白な囚人服もどきだと絵にならなさすぎてどうしようもなかったので、
衣装だけフライングしました。

この衣装、逃げ出そうとして暴れて結果的にボロボロになっただけで、
元はそこそこマシな服を与えられていたんじゃないかなーとも思います。

ボロボロの服

仮衣装だからいいかなと思ってたんですが
あまりに全身真っ白で、画面も白くなるので
せめて腰の布にトーンを貼ればよかったと後悔しました。


プラス、Pixivの方に、夏コミのサークルカット改を載せておきました。
当サークルのイベント情報をチェックしてくださってる方は
果たしてどこをメイン情報源にしているのか、未だによくわからないのですが
とりあえずひと通り、更新しておいたほうがよいですよね。


あまり自分の普段の絵をアップすることはなくなってしまいましたが
ギリギリでお買い物情報をチェックするには、なんだかんだで便利なんですよね、Pixiv。

 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Profile

ミズ

ミズ

個人的に漫画を描いたり、

いろいろ作ったりしている

人間のブログです。

サイトTOP

ブログの説明はこちら

Recent Entries

Categories

Pixiv

サークル発行物

愛用してます

コダック

原稿時の疲労対策に

Works

気になるもの

Monthly

Advertisement

FC2Ad