Cyber Stage

Diary

黙々と原稿中

おそらくもうそろそろ11月コミティアの結果も発表されるかな?というタイミングになってきましたね。
ひたすら黙々とペン入れをし続けて、仕上げ1周目は残り数ページになりました。
今回のコミティアは抽選とのことですが、もしスペースをいただけていたら新刊は出せると思います〜。

公開できるものがあまりないので、最近の進捗だけでも貼っておきます。
3-2進捗
スポンサーサイト

コミティア126の申し込みと更新の補足

11/25開催のコミティア126に申し込みました。
新刊は、同人誌で先行公開していた「楽園に還れ」第3章のつづきです。
またスペースをいただけたら詳細をお知らせしたいと思います。

コミティア126サークルカット


そして、Webで公開している第2章「永遠に続け」も、残るは更新2回分となりました。
文字通りのクライマックスで何をコメントしたらよいやら迷う局面が続いていたのですが、Twitterで少し長めにつぶやいていたことがあったのでブログにまとめておきます。


ハックさん更新時に一言コメントにも書き添えたのですが、星亜はこれまでに『王国』から離れていろいろと無茶をしてきつつも、その手で人を殺めたことはありませんでした。
(地下牢で砒削を殺したのは、実験体にされていた衙佼でしたし)

法で縛られたり誰かに規制されたからではなく、自分の判断で「それだけはやらない」と決めて、避けてきた行為だったのですが…
ついに、越えてはいけない…というか越えたくなかった一線を越えてしまった瞬間が今回だったんだろうなと思います。



社会的な庇護が受けられない状態で文字通り「生き抜いて」いくため、本当に命に関わるようなどうにもならない事態になったら、いざという時には相手を「殺す」ことのできる魔法を使って切り抜けるつもりで、星亜はこれまでにも準備だけはしていました。
…準備だけは。

(少し話が逸れますが)
この世界の「魔法」はデフォルトの入力信号(?)が音声で、発動するためにもめんどくさい&複雑な手順があります。
しかしあらかじめ「媒体」と呼ばれるライブラリのようなものを用意しておくことで、その手順をいくつか省略したり効果を増幅させたり、負荷を減らしたりすることができます。

魔法の準備

また、戦闘時に身振り手振りでなにやら発動させているのは「発動のタイミングやおおまかな軌道を術者の手や指などの動作と連動させる」という命令をあらかじめ音声で入力しているからです。
手をかざして念じただけでエネルギー発射的なことは、少なくともこの世界の「魔法」においてはできません。

魔法と身体の動きの連動

ただ、「自分の動きを起動スイッチにする」ことはできるので。
そのあたりを応用させて、抵抗するための「魔法」を唱える余裕すらなくなったときに発動する「最終手段逆転セット」のようなものを星亜は用意していました。それが、今回のアレです。

(当初は、こんなことになるとは予想していなかったので。慧畄瑳たちと揉めて、相手を殺しでもしないとどうしても逃げられないような状態になったら使うつもりだった…のでしょう。使いたくないと思ってはいたはずですが…)



那岐巳が最後の命令をした直後のシーンなのですが。
実はこのときすでに、敵がどこまでも容赦をしない人物だということを悟って、星亜は「それ」を発動させる準備をしようとしていました。(死角になっている左手側で)

間に合わなかった

ただ、動作が間に合わなかったんです。

これまでにひとを殺したことがなかったからこそ、見極めのタイミングを誤って初動が遅れてしまった。
もう少し早めに、相手を問答無用で容赦なく「殺す」覚悟を決めていれば、あるいは………
でも、それができなかった。そこが明暗をわけてしまったのかなあと。
そう思うと、なんともいえない気持ちがこみあげてくるのでした。

いや、もしかしたらそもそも『血闘』などという回りくどい手段を用いずに、強硬手段に出ていれば…釐於子も麻嗚蘿も傷つかずに、その場を切り抜けられた可能性もあったかもしれないのですが。
でも仮に、星亜がためらいもせずに問答無用で目の前の敵の命を奪いにかかることができるような人間だったら。
釐於子は決して、星亜のことを身を挺して守ろうとはしなかったんじゃないかなとも思います。




もうひとつ、書こうかどうしようか迷ってTwitterではつぶやかなかった余談ですが。

「魔法」はごく一部の例外を除くと、人体に直接働きかける(人体そのものを変質させる)ことができません。
(※「首を刎ねる」とか「頭を破裂させる」とかの直接的な命令ができません)
なので、星亜が使ったアレは、首を飛ばすというよりは、敵対する相手の首を切断させるための仕掛けが発動するライブラリを準備しておいて、それを実行した…というのが近いような気がします。

「自分を中心とした一定距離の空間をスキャンし、自分とそれ以外(ただし釐於子は除く)の人間の位置を特定し、自分のいる位置を起点として相手の体における首の位置より後方に向けて、鋭利な刃のようなものを生成させて飛ばす」一連の魔法を強制的に発動させる…みたいなセットを準備していたんじゃないでしょうか。

細かい調整はできない問答無用の殺人装置なので、交渉の余地もないし後戻りもできないしで、こういう局面にでもならないと使えなかったんですよね…きっと…。

 

「永遠に続け」7話目を公開しました

生活が大幅に変わってわりと満身創痍な日々ではあるのですが、「永遠に続け」Web版7話目(同人誌版最終巻・前半)を最後まで公開してみました。
クライマックスを控えてるタイミングで、公開ペースを落としたくなかったので…!

8話目の絵がない

最終話なだけあって、これまで微妙にぼかされていたり、不明だったりしたポイントが次々に明らかになってくるターンですね。
明らかになった出来事以外にも「知らなくても別に問題ないけど、実はこうだったんだよ…」という要素がいくつかありまして。
Twitterでも少し触れましたが、せっかくブログがあるのでまとめとして残しておきます。



約10年前の、慧畄瑳(エルサ)&茴施(ウイセ)が主役ふたりの前に現れる前の動きに関して。

あそこで茴施が釐於子に対して、中途半端に内容をごまかさないで、もう少しはっきりと「星亜と敵対するつもりはない」「可能なら手を結びたい」という意図を伝えておけば、あまり話がこじれずに済んだんじゃないかな?という気がしないでもないのですが。
(おかげで星亜は完全に誤解しちゃってましたし…)

ただ、あの段階では、慧畄瑳&茴施は、星亜が何者なのか完全にはわかっていなかったので。
彼女たちとしては、あえて言葉を濁さざるをえなかった…というのが実情でした。
星亜が慧畄瑳たちを警戒していたのと同じように、慧畄瑳たちも星亜のことを(協力を求めたいと思いつつも)警戒していたわけです。


西方のマスター・慧畄瑳(エルサ)は、永遠に続いているが故にほころびが生じてしまっている『王国』の社会に歯止めをかけたがっていて、中央との決別も考えていました。
作中では離反と言われていますが狙っていたのはおそらく独立で、そのために協力者や理解者が欲しかったのでしょう。

彼女たちは、自らの管轄内でなにが起きているのかを把握するために労力を惜しまないタイプの管理者で、王国を憎み、王国から離れて生きる存在(星亜のことです)が西方をウロウロしていることも知っていました。
そんな謎の人物(=星亜)は、とある時期を境に消息不明になったわけですが…ある時彼女は、視察のために虎白郡を訪れようとしていた中で、現地から飛んできた伝令フクロウにより「虎白郡で何か事件が起きた」ということを聞きます。

釐於子&星亜の二人が宿屋でぐーぐー寝ている間にも、めまぐるしく複数のフクロウたちが飛び交い、虎白郡の現場検証を伝えました。
そこで彼女は、ウロウロしていた謎の人物(星亜)が特定の時期に急に消息を絶ったことと、虎白郡で太守(砒削)が行っていた実験とを結びつけ、「捕まっていた魔術師は星亜だろう」と確信します。
これは、王国に恨みを持っている(だろう)強力な魔術師と、接触するまたとないチャンスであると。


とはいえ、肝心の情報…星亜がどんな人物なのか、何の目的のためにひとりで彷徨っていたのかを、彼女たちは知りません。
そこで、星亜と直接コンタクトを取ってみてその反応に合わせて違う提案をしようと、幾つかのパターンをあらかじめ茴施と話し合っていました。
しれっと商人のふりをして宿屋に突撃してきましたが、実はあれは苦肉の索だったんですね。

協力関係になれそうだったらその場で相手をスカウトしたい!くらいの勢いだったんですが、長い間捕らえられていたことで星亜は警戒心が強く、交渉どころか何を考えているのか聞き出す余地すらなさそうでした。

そこで、一緒に地下牢から逃げ出していた釐於子(西方の住民であり、配下でもあるのでちょうどよかった)を星亜に付き添わせて、星亜が望むことに陰ながら協力するように命じ。
後からそれを交渉の材料にするつもりだった…というのが、慧畄瑳たちの狙いだったようです。


彼女は星亜の目的を知っているわけではないし(なにが原因で王国から離れたのかも知らないし、もしかしたら砒削以上にヤバい人かもしれない)茴施も言っていたように、本当にある種の賭けのような感じだったのですが。
10年様子を報告され続けていれば、人格や倫理観をはじめ、ある程度はどんな人間かもわかるので、釐於子からの報告によってはそのまま何も言わずに&何事もなかったかのように別れようと。
そんな感じで考えていたようです。

この世界の人たちは永遠の生命をもっているので、時間の感覚が現代のそれとはちょっと違うんですよね。
10年間気長に待ってみるくらい、大した苦ではなかったのでしょう。


少し長くなりましたが、慧畄瑳サイドの事情はこんな感じでした。
那岐巳(ナギシ)サイドや彩緋サイドも、語られていないだけでそれぞれ事情があって、それぞれ色んなことを考えて生きているわけですが…
どの視点を選んでどこを切り取るかで印象がまったく違ってくるので、物語というのはおもしろいなと思います。




余談ですが。

釐於子を星亜に同行させる、というのは慧畄瑳たちがあらかじめ考えていた幾つかの出方のうちのひとつだったんですが。
彼女の中では、このワンシーンで「いける!」という直感があったそうです。
慧畄瑳の思惑

なんか…こいつらなら、うまくいくんじゃないか?っていう勘のようなものが働いたというか…
「………」の中で、いろいろと考えていたんだとかなんとか。

以上。
特に表で語られるわけでもないし、知っておく必要もないけれど、なんとなく知ったら嬉しい人も中にはいるかもしれない、舞台の裏側で起こっていたことでした。


◆◆◆

ついでに近況ですが、転職して1週間が経ち、久々の週末にほっと胸をなでおろしています。
初めての転職ではないのでだいたい想像通りではあるのですが、職場が変わるとやはり慣れるまでがたいへんですね。
しばらく平日は、行って帰ってくるだけで精一杯になりそうです。

今回の転職は、後々になってから「がんばってよかった…」と思える決断になりそうな予感がしているので、焦らずにじっくりと、予感を現実にしていきたいところです。


水面下では、次に控えている3章全体の筋道を組み立てつつ、2話目のプロットを固めつつ、久々に描く人たちを右手になじませるべく練習しつつ…という感じで過ごしています。

各地で次々に災害も起こって、なかなか心休まる時がこない日々ではあるのですが。
平穏な日常というのはいつ崩れるかわからないので、だからこそいつなにが起きても悔いのないように動いていきたいです。
 

2章5話目を最後まで公開しました

ほのぼのから殺伐まで、拘束とモフモフの入り乱れる(?)架空の世界を舞台にしたファンタジー漫画。
「永遠に続け」Web版5話目(※同人誌版の4巻後半)を、先日、最後まで公開しました。

永遠に続けイメージ画像

(※クリックでマンガハックさんの最新話へ)

いつもはWeb版用にデータを変換する際、グレスケに合わせてデータを調整する以外は、間違い探しレベルの加筆修正を加えているくらいなのですが。
今回は、冊子版と同じようなインパクトを持たせるのが難しい…と判断した某シーンに関して、Web版ならではの要素を加えています。
中盤戦ラスト更新!ということで、表紙画像&拍手画像もぜんぶ新しくしているので、よかったらそちらも見てやってください。
(拍手画像は、一部の方にはおなじみの内容かもしれませんが、実はちょっとだけ違っています)

実のところ、最後の最後のシーンはもうすこし後で(9月頭くらいに)更新する予定だったんですが。
今後の予定を考えて、本編作画とWeb更新とイベント準備を同時にやったら確実に私生活がパーンってなるな…って悟ってしまったんですよね。どれか一つ先に終わらせて、やることを絞ったほうがよいなと。

この先は、もう最終話というかラストエピソード(ちょっと長いので3話分くらいの分量でしょうか?)に突入してしまうので、次回Web更新は数ヶ月〜半年ほど先になると思います。

◆◆◆

ツイッターで色々とつぶやいて改めて思ったんですが。
彩緋が…………のシーンを更新した時には、この展開で余計なことを補足するのもちょっと微妙かなと思って沈黙してしまっていたので、ここに至るまでずっと、エピソードの内容に関して語っていなかったんですよね。
同人誌版を発行したのは去年の年末だったんですが、その時も、思いっきりネタバレだし何を言ったらよいやらな心境だったので、ブログの折りたたみ記事でちょっと触れたくらいでした。

この世界の歪みの象徴みたいなエピソードなので、あの描写は避けては通れなかったんですが、登場人物を動かしていると愛着が湧いてくるので、反動で描いていて自分にもダメージがいきました。
(描写自体はわりとサラッとしていましたが、具体的に何をどう…と調べ物をしていたら、想像力が働いてしまってダメージ倍増で)

4話目以降はいろんな意味で出すのに勇気がいる内容だったので、同人誌&Web版共に、刑の執行を待つ犯罪者のような(?)沈痛な面持ちで公開していました。
それはそれはもうヒヤヒヤしていたんですが、今回ひとつの区切りまでお話を公開して、いただいたご感想をひとつひとつ拝見して。
「こういう風に伝えたいな」と自分が思っていた以上のところまで汲み取っていただけたようで、とても安堵しています…。


今のうちに予告をしておくと、この先も要所要所でしんどいシーンはいくつも出てくると思います。
ですが、このシリーズ全体の最終話…最後の最後には、「よかったね」と思えるような終わり方を目指しています。
そこにたどり着くまでの道中がなかなか遠い道のりになってしまう予感がするのですが、このお話は最終話のラストシーンのために描いているような漫画なので。
そこまでお付き合いくださる方が、ひとりでもいてくださったらなら、本当に嬉しいです。

◆◆◆

今後の予定に関して。
また後日、改めて別記事を書くと思うのですが、11月のコミティアに申し込む予定でいます。
冬コミで最終話を発行する予定でしたが、いくらなんでも書き下ろし110ページ超えは分厚すぎる&スケジュール的に厳しい(&申込書をゲットしそびれ…ゴニョゴニョ)ので、いったん秋に1話分、本にして出してしまおうかなと。

5巻冒頭イメージ

次のお話は、ふたりでアレを見に行って世界をあちこち旅して〜からの、『契約』が切れるちょっと前のタイミングから始まります。
すぐに続きが読みたいぜ!と嬉しいことを言ってくださる方は、(無事にスペースがもらえていたら)11月のコミティアにて続きが出ますので、ぜひぜひスペースを覗いてみてください!


(この後、折りたたみ記事にて更新分の補足をしています)
 

続きを読む »

2章4話目を最後まで公開しました(2)

4話目更新の補足・その2です。

魔法とは1

4話目は、ここまで100ページ以上描いてきてようやく、作中で「そもそも魔法ってなんなんですか!」という話題の片鱗が見えてきた回でもありました。
最初からいきなり説明を入れまくってしまうと目が滑るかなと思って後回しにしていたんですが、後回しにしすぎたような感じもあり。
この辺のさじ加減は、とても難しいです。

1章では、世麓たち…この時代の記憶を持っている後世の人間が、魔法について「世界の法則に言葉で働きかける力」という表現をしていました。

魔法とは2

で、星亜はというと「とある法則に基づいて、物質に干渉することができる力(ただし制限を伴う)」という言い方をしています。

わかるようなわからないような曖昧な説明ですが、この世界の人たちも全てをわかっているわけではないので。
使い方はわかっていても、その原理を全て知っているかどうかはまた別の問題だったりするので、この世界の「魔法」を使う人たちの大半においてもそんな感じなんじゃないかなと思っています。
あたりまえのようにパソコンを使って色々検索したりコミュニケーションしたりものを作ったりしているけど、どういう仕組みで動いているのかを正確に説明することは誰にでもできるわけじゃない(できる人もいる)…みたいな。

ひとまず「なんかすごいことができるんだな」「回復魔法・蘇生魔法にあたるものはないんだな」ということだけ覚えておいてもらえれば大丈夫です。死んだら終わりです。
この世界においての「魔法」は、わりと限定的な能力(というか技術?)なんですよね。
空間移動もできないし、時間を巻き戻したり早めたりといったこともできないし。

ただ、星亜は個人的な事情で魔法の原理的なところにも手を伸ばしていたため、肉体再生ができないという制限について疑っているようですが。
いろいろと試してみて、やはり不可能なことに変わりはなかったけど腑に落ちない…という感じかなと。


余談ですが、フクロウに関する会話のところで「(魔法は)肉体に直接作用することはできない」という書き方をしそうになって、慌てて修正しました。
1章では石化魔法っぽいものも出てきてるし、契約で身体能力がどうこうというのも思いっきり肉体に作用しているし、その書き方だと矛盾が生じてしまう…

魔法とは3

ここをもうちょっと詳しく説明するとですね。
会話ができる生き物にするためには、フクロウの脳そのものを作り替えないといけないので、その領域は「魔法」だと不可能なんです。
でも、音を出すだけなら空気の振動を伝えればいいので、フクロウを媒介にしてそういう現象が起こるようにすることはできる…と。そういうことらしいです。

◆◆◆

肉体云々という話がでてきたので、そちらに関しても。

魔法とは4

一応釐於子のためにフォローしておくと、別にこの人の頭が弱いんじゃなくて(ちょっと弱そうではありますが)この時代の一般人たちにとっての生き物の認識全般が、だいたいこんな感じなのです。

この時代においては「人の体は神様の似姿で不可侵なものだから」という理由で、医学を身につけている専門職である薬師(くすし)以外は、具体的なヒトの構造を知ることを許されていません。
(現代の人間と比べると免疫力も再生力も強く、病気にもかかりにくいので、怪我でもしない限り薬師の出番がないというのもあります)

魔法とは5

2話目でちらっとこんな感じの会話が出てきていましたが、基本的には(たとえ人助けのためであっても)勝手に解剖とかをするのもNGなようです。
もちろん勝手にくっつけるのはもっとダメなので、砒削の趣味は問題外ですね。
釐於子と星亜の介入がなくてもそのうち、がさ入れで捕まっていたことでしょう。


生物学を学べるところがあるわけでもなく、気軽に読める学術書があるわけでもなく、もちろんグーグル先生もいないので。
ヒトの構造…ましてや見えないおなかの中がどうなっているのかというのは、一般市民には知る由もないのかもしれません。
「切ったら血が出るね、中に固い骨があるね、なんか胸のあたりで常にドクドク言ってる気がするね?」くらいの認識なんじゃないでしょうか。
なので、「ヒトは動物と変わりないんだよ!」と主張しても「何言ってんだこいつ…」みたいな反応が返ってくるのはある意味、当然といえば当然だったのかもしれません。

3話の冒頭で彩緋が「叡智を讃えるくせにそこに鍵をかける」と、この社会の矛盾について一言物申してしていたのは、そういうところも含めての皮肉だったのでしょう。


…とはいえ。別の世界を生きている作者である自分も、自分の体の仕組みについて本当にわかっているのか?と問われると、いまいち自信は持てないわけですが。
先日も傷口が治るメカニズムについて調べていて、ははーなるほど…と思うことがたくさんありました。
世の中も自分のことも、何年生きててもまだまだ知らないことだらけです。

◆◆◆

若干、話題が逸れましたが。
そんな感じで、魔法がどうとか肉体がどうとか話していたら、たのしい(?)お祭り回だったはずがいつのまにか緊迫した雰囲気になってしまいました。

なんかもう引きからして「あああ…」な感じですが、次の冒頭は………いえ、野暮なことを言うのはやめておきましょう。

2章「永遠に続け」は、紙媒体では(おそらく)全5巻になると思うのですが、Web版は全8話での公開を予定しています。
つまり、分量的にはちょうどここで折り返しになる(かもしれない)わけですね。
次のお話は内容的にあまりブチブチ切りたくないので、一回あたりの更新ページ数を増やしていこうかなと思っています。
そのかわり更新ペースはちょっと緩やかになるかもしれません。

楽しんでいってくださいね!とは言いづらい展開ですが、ここまで引っ張ってきたことの決算第一回みたいなあれこれが待ち構えておりますので、よかったらおつきあいいただけますと嬉しいです〜!

 

2章4話目を最後まで公開しました(1)

最終話のネーム完成以降、問答無用でイベント準備期間に突入してそちらの告知が中心になってしまいましたが、密かにウェブでも続き(同人誌版の4巻部分)を公開しはじめています。

(※クリックでマンガハックさんの最新話へ)
永遠に続けメインビジュアル

以前にも少し告知していたような気がしますが、4巻は長いので4話5話にわけて、前半部分が終了したところです。
山場………………というか問題のシーンはこれからですね。


さて、4話はお祭り回なわけですが。
想像力貧困なせいか、まだ絵を全く入れていないプロットの段階では、出店が並んだりお神輿が練り歩いてる中で金魚すくいをしてるイメージばかりが脳裏によぎって困りました。
髪の色のせいか、釐於子は浴衣を着せても違和感がない気がします。

浴衣


「叡謝祭」という名前も、最後まで悩んでいました。
漢字のネーミングなのは確定なんですが、よその国のお祭りを日本語に訳すときはどういうルールにしてるのかな〜とか調べてみつつもどうにもピンとこなくて…。
悩んだ挙句、完全な造語になってしまいました。

「まつり」と一言でいっても、どの漢字を使うかで意味合いもちょっと変わってきて、一般的には、感謝や祈りや慰霊のために神仏および祖先をまつる儀式を指すことが多いらしいです。
(と、プロットを考えてる時に見た、wiki先生が言っていました)

ただ、この時代には「魂」とか「先祖」といった人の生死から生まれる概念がないため(さらにいうと、豊穣を祈るといった感覚も薄そうなため)、この叡謝祭は、たとえるなら宗教色の強い建国祭…といった感じのものなのかなと思います。
神様および、神様から授かった知恵と、神様の代理をしている「王」を称えましょう的な感覚なのかなあと。


叡謝祭

そんな回なわけですが、お祭り回と言い切ってるわりには、肝心の祭り描写が少ないんですよね。
おまつりって、その世界の文化とか風習とか風俗とかがダイレクトに関わってくるイベントなので、うまいこと作中で独自の行事を描写できたら、いろんな意味でベストだったんですが。
(出し物が〜とか言ってるので、一コマでもいいのでそういうものを描いた大ゴマを使っておけばよかったのかなと)
でも、一言でいうなら難しかったんです…!

おそらくこの章最大の難所が、まさにこの3〜4話目だったんですが。
難しかった原因のひとつは、架空の世界の風俗ビジュアルをどう漫画に落とし込むかが自分の中で明確になっていないからだったのかもしれません。
どこか仮でいいので、舞台モデルを決めておけばここまで悩まずに済むんですが…が…………!!!

◆◆◆

最初、絵的にこういうのがいいな〜とぼんやり考えていたのは、ベトナムのイーペン祭りみたいな空中灯籠流しでした。
小型の熱気球(スカイランタン?ていうんですかね?)を空に飛ばすやつが、絵的に映えそうだなあと…そんな方向のものをアレンジして何かできないかなと…思いつつその儀式の由来とかを調べていたんですが。
あれは、仏陀に感謝の気持ちを捧げて苦難を消して云々…とかそういう儀式のようなので、作中のおまつりの趣旨的にはちょっと結びつかなかないかな、と判断してやめました。

スカイランタンはポーランドの夏至祭でも行われているようですが、あっちも健康と豊作を願う儀式が大半なんですよね。


とにかく、絵的に映える方が、漫画としては楽しみどころが増えるので…(描く側は死にますが)
色粉をかけあったりとか、指定の場所にろうそくを灯しにいったりとか、献花しにいったりとか。他にも、共通の旗を持ったり腕輪をつけたりして街を歩き回ってもらったりとか、なんでもいいので参加型のお祭りにしたかったのですが。
最終的には「無理に特有の行事を作らなくてもいいか」と断念しました。

一言でいうなら、シナリオにうまいこと架空の風俗を落とし込めなかったというやつです。
かなりギリギリまで考えたんですが…
チョット ワタシニハ ムズカシカッタデス。

ただ、詳細を描いていない分、ある意味この先も自由に描写できるという余地が残されているわけで。
何か「これだ!」というものを思いついたら、いずれ回想シーンでリベンジしたいです。

◆◆◆

更新の補足記事のわりには長くなってしまいました。
しかもまだ続きます。
「果たしてこういう与太話は楽しいのだろうか…?」と若干疑問もわいてきましたが、お好きな方は読んでやってください〜。


〜おまけ〜
縁日の屋台やお神輿的なものばかり頭に浮かんでいた頃の名残で、未だにこういう妄想をしています。

金魚すくい

星亜は金魚すくいで、水につけたとたんに網を破ってしまうタイプのような気がします。
別に金魚が欲しいわけじゃないけど、うまいことできないのが悔しくてムキになっていそう。

飲食ができない設定のせいで、この二人は小ネタの内容も限られてくるんですが、伝家の宝刀・現代パロディに望みを託したいところです。
りんご飴を買って、どうやってかじればいいのか困惑して欲しい…。(食べれないけど!)


 

 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Profile

ミズ

ミズ

個人的に漫画を描いたり、

いろいろ作ったりしている

人間のブログです。

サイトTOP

ブログの説明はこちら

Recent Entries

Categories

Pixiv

サークル発行物

愛用してます

コダック

原稿時の疲労対策に

Works

気になるもの

Monthly

Advertisement

FC2Ad