Cyber Stage

Diary

3章序盤のおさらい

というわけで、今週末から新しい話をスタートしました!



楽園に還れシリーズ第4章「泡沫に紡げ(うたかたにつむげ)」開幕です。
週に2〜4ページくらいのペースで更新していけたらよいなと思っています。

初のWeb先行公開!ということで、たまには話ごとにサブタイトルもつけてみました。
年末からずっと苦戦していたおかげでこの章のプロットはもう最後までできていて、全7話を予定しています。
(最後の最後に、伸びて8話になってしまったらすみません)
まだ3章も終わっていないので、なんとかこのエピソードは2年内で完走できるようがんばります。
3章「幻影に望め(前半)」 → 4章「泡沫に紡げ」 → 3章「幻影に望め(後半)」の順で、話を進めていけたらと〜!

「泡沫に紡げ」は、まさかの7歳の幼女・ノルテちゃんが主人公の章です。
元々は3章の中盤エピソードにしようと思っていたのですが色々あって、シリーズの後半に入れようと思っていたエピソードと混ぜて独立しました。
シリーズ全体を通して唯一の、100%女性キャラ視点でのエピソードでもあります。

人によって感じるしんどさポイントは違うと思うのですが、ある意味では最も生々しいしんどさの含まれる章でもあります。
その時の心理状況によっては「ウッ!きつい…」と感じる展開もあるかもしれないので、その時には一時的にタグミュートして完結してから読んでいただくのがおすすめかもしれません。
(一気に通して読めば、しんどさも薄れると思うので)

ひとまず、本来の主人公が出てくるところまでは急ピッチで公開してしまいたいですね!
描くのが遅いからあっという間に描き溜め部分まで追いついてしまうのですよ〜。


そうそう。
3章の序盤とリンクしている部分が多いので、再放送と称して、壁打ちアカウント向けに補足ツイートをしていました。
時間差で後から見直すのがやりづらいのでモーメントにまとめようかなと思ったんですが、こういうのこそブログに載せておけばいいのでは?と気づいたので、補足コメントごとここに書き記しておきます。
(PCからの人は「続きを読む」からどうぞ)

なんか最近のTwitterのリプツリー、ホームから見ると時系列がぐちゃぐちゃになりがちなんですよね。
長編漫画を直接載せるにはあまり向いていないような〜〜〜。
ツイートが見えなかったり消えてしまったりすることも多いようなので、消えて欲しくない内容はブログに転記していくようにしたいです。


 
スポンサーサイト



続きを読む »

3章Web版4話目を公開し終えました

先日、らくえれシリーズ3章「幻影に望め」Web版の4話目を最後まで公開しました。

Twitterで最終ページをアップしたのちに、サイトのコミックページマンガハックさんでも1話分まるっと更新しています。
(感想フォームからいただいたコメントにも、記事のラストで返信しております。)
まとめ読み派の方は、どうぞお好きなところでご覧ください!

ちなみに更新する際にわざわざ「Web版」という言い方をしているのは、Webと同人誌で話数がちょっとずれているからです。
※ Web版の3〜4話目を合わせたものが、同人誌版の3巻になります

なので、先日出した最新刊(4巻)はWeb版の5話目にあたるんですよね。
なんかもう3とか4とか5とかの数字が入り乱れてて、紛らわしくてすみません!


Web版4話目は扉絵があの二人だったので「そろそろ背後の人が出るんだろうな」というフラグは立っていたんじゃないかなと思うのですが。
出てきた人がちょっと意外な名前で呼ばれていたので、おそらく初見の方は「きたーーーーーー…ん?誰??!」みたいな感じだったのではないかな?と思います。

といいますか、「楽園に還れ」からそのまま「幻影に望め」を読んでくださった方にとっては、そもそも本気で「誰??????」な感じですよね。
「あのいわくありげな登場をした人は何者なんですか?!」と興味を持ってくださった方は、よかったら第2章「永遠に続け」をご覧ください。
色々と想像&考察が膨らむのではないかと思います。たぶん!

◆◆◆

キリのいいところまで公開したので、本編と直接は関係ない余談をひとつ語ります。
実は、マオラ(とその上司)はらくえれのプロトタイプを作るはるか昔、まだ私がランドセルを背負っていた時代にノートに描いていた「なないろファンタジー」というお話がきっかけで生まれたキャラクターだったりします。

昔の絵柄を思い出して、たぶん当時の自分はこういう風に描きたかったんだろうなと想像しながら描いてみました。
右下の、三つ編みねこみみの子が太古のマオラです。
なないろファンタジー

こういう感じの2.5頭身のこどもたちが冒険をするお話(※まだそこまで根気も集中力もなかったので、設定中心に考えていてノートにちょっとだけ漫画を描いて終わりました)で、そこから数年かけて派生したのがらくえれのプロトタイプでした。

さらにそこから紆余曲折あって今ではすっかり別物になりましたが、マオラ&ニクスを筆頭に、虹瑠たち漢字ネームのメイン勢は義務教育時代に生まれていたのでした。
設定などはそのままだと差し障りがありすぎたので大幅に変更したのですが、名前だけはそのままです。
なつかしい…
さらにいうと、元となった作品のタイトルが「なないろ」ファンタジーだったから、そこから派生したお話の主人公の名前が虹瑠になったのでした。
なにしろ(ピーッ)年前のことなので、らくえれも初期の頃は衣装にも謎の宝玉がついていたりして、もうちょっとファンタジーファンタジーした世界観だったような気がします。


なので、マオラとあの人が主従関係だったのも、1章を描き始めるはるかずっとずっと昔から決まっていたことだったのです。

1章〜2章のつながりについては、1章ラストでマオラが「かみさま」という言葉を発して章が終わり、次の2章冒頭はその張本人(らしき人)がぶっ倒れているところからはじまっている…という流れを意識してたんですよね。実は。
ずっと黙っていましたが、やっと公に言うことができました。
長かった〜ここまでが長かった〜〜〜!

描き始めてから7年間強、ずっと重要な人間関係について黙っていたのは結構忍耐力があったといえるのではないでしょうか?!(そうでもない?)

現在と過去でエピソードをぶったぎって章で分ける構成にしたために、先に「星亜」の方を登場させることになったんですが、人間だった頃の姿を描くのがとても新鮮でしたね…!
え〜〜〜こんなに感情豊かなひとだったんだ〜〜?!って思いました。今だから言える話ですが。


◆◆◆

さてさて、Web版の公開範囲に合わせてトーク解禁、というルールにしているので、ようやく例のあの人についても堂々と喋れるようになりました。
マオラのピンチに颯爽と現れた、ニクスと呼ばれているこの人…もとい「かみさま」。
2章の副主人公・星亜と姿が酷似しているんですが、何者なんでしょうね?!

何者なんでしょうねじゃないだろう!とツッコミが飛んできそうですが、いやまだ誰だかわからないですから!!(必死)

いつもきちんとしたキャラデザ的なものを用意しないでラフ&ネームからそのまま本番投入してしまうことが多いのですが、珍しく手元のノートに比較的マシな図解が残っていたので編集してみました。
クリックすると大きくなります。

ニクス設定画

Twitter版だと文字が小さくて読みにくかったよ〜という方はこちらからクリックしてみてください。
(あと、ボタンの数について間違えていたので修正しました)

「宣戦布告はすべて受けて立つ」と言わんばかりのセリフを残していったWeb版4話目のラストシーンでしたが、この後、お話は先日発行した 新刊「幻影に望め 4巻」へと続きます。
半年〜1年後にはWeb版の後追い更新を再開しますが、先の展開をすぐにでも読みたい!という方はよかったら通販もどうぞ〜。
BOOTH(PaperStageOnline)

◆◆◆

そして、最新刊を無事発行したところでさらに次のお話にも手をつけていきたいところなのですが。

この「楽園に還れ」シリーズは元々同人誌で描きはじめた漫画で、現在もコミティアなどの同人誌即売会をメイン活動拠点にして、最新話を同人誌で公開しつつWebでは時間差で追いかけ更新するスタイルで進めていました。
ですが、2020年春以降 COVID-19関係で世の中の情勢がどうにも不安定で、おそらくは来年もすぐには元の状態には戻らない(=気軽にイベントに参加するのがむずかしい)のではないかと予想しております。

ありがたいことに、今年一度もイベントに参加できなかったにも関わらず通販で新刊を追いかけてくださっている方もたくさんいらっしゃるのですが。(本当にありがたいことです…!)
この先、通販のみでこれまでとまったくペースで本を発行していくのは、ちょ〜〜〜っと厳しいかもしれないな?とも判断しています。

そこで。これまでと同じように漫画の続きを描いていくことにかわりはないのですが、新刊に添えたペーパーでも触れように、来年以降に描くお話につきましては、試しに「Web先行型」で公開してみようと考えています

あっもちろん、予想をはるかに上回るスピードでワクチンが市販化されて、気軽にイベントに行ったりあちこち行き来したりできるようになったら万々歳なので、そのときには意気揚々と新刊を作ってまたコミティアに申し込むつもりです。
その展開になってほしいですね…本当に!


最後に、肝心の次に描くエピソードについて。
プロットはだいぶ前から手をつけているのですが、(いろんな意味で)めちゃくちゃ難しい内容になりそうなので、まだしばらくネームには進めないと思います。
年末年始の休暇にプロットを詰めて、年明けにネームを開始して…Web先行でいくなら全ページ仕上げる前に公開し始めることも可能なので、春頃にスタートすることもできなくもない…でしょうか?

なにしろやったことがないスタイルなので、探り探りで進めることになりそうですね。2章ほどではないものの、わりと独立したエピソードになるのではないかなという感触です。

内容の予告としては、ずっと存在だけは臭わせていたこの人がようやく出ます!とだけ!!
(デザインは変わる可能性があります)



あとちょっと気がかりなのが、Web先行で公開するにしても、はたしてこれはTwitterでやってよい内容なのかどうか…
いえ!別に年齢制限のある描写はないですし、残酷表現も(たぶん)あまりないですし、悪意をもった登場人物も(たぶん)おらず、情がないなんてことはなく、むしろ情しかないエピソードだと自分では思っているのですが!!!
ただその…元気がないときに見ると、MPが削られる話になりそうなんですよね。

こういうのは内容というよりは演出で決まるのかなあと思うので、ネームを切りつつ考えてみます。
いろんな方に読んでいただきたいという想いはあるので、できるだけ間口を広げた表現にできるようがんばります。

◆◆◆

最後に、いただいたメッセージへのお礼とお返事です。
お心当たりのある方は、よかったらご覧ください。
(新刊へのご感想に関しては、まだお読みでない方も多いと思いますので別記事にて返信させていただきます)

続きが折りたたまれている場合は右下の「続きを読む」からどうぞ!
 





 

続きを読む »

コミックビューアが新しくなりました

突然ですが、自サイト内のコミック閲覧ページが新しくなりました!
サイト内のリンクは一通り差し替え済みです。

どう新しくなったのかというと…

スマホ表示に完全対応しました(横フリックでページめくり)
・PCから見た際には見開きで表示できます(キーボードの矢印←→でも移動可能)
・特定のページを指定してジャンプできます
・全話の冒頭に同人誌版の表紙絵を追加しました
・各話のラストページから次の話(章)へ飛べます
・最新話のラストページからは感想フォームへ飛べます
・更新も楽です

最後のは完全に自分得なんですが、スライドを流用してビューアを作ると、ページ数分だけ <li> タグを用意するのがめんどいだろうなあとずっと懸念していたんですよね。
はじめにたくさん行を用意しておいてコメントアウトするのは、なんかスマートじゃないし…と思ってたら、連番の画像をホイッとフォルダに突っ込んで、最大ページ数を指定すればOKだったので助かっています。

ビューアサンプル

PCから見た時の見開き表示は、Pixivからも消えてしまったのでとても嬉しい…!
近年、各種投稿サービスが強制縦スクロールになってしまったので、強引に擬音の位置を変えたりコマを切りはりしたりして対応していたんですが、やはり見開きで読める環境からは見開きで読んでいただきたいので。
スマホから見た時も、横めくりでページが流れていくのでそこまで見開きが不自然なことにはならないのではないかな?と思います。


こちらの素敵なビューアですが、「赤錆びている」のたしなみがいさん作のものを使わせていただきました。
(※ データのフリー配布などはされていないので、ご注意ください)

最初は自分でswiperを改造して作ろうとしていたんですが、いい感じにカスタマイズするまでの道のりが遠すぎてめげかけていたのでとても助かりました。やはり餅は餅屋ということですね。
本当にありがとうございました!!!

そうなんです…自分でも横スクロールビューア作れるかな?って思って途中までやっていたんですが、ご覧の有様(下記参照)で。
もはやおもしろい域なので、使用前使用後を見比べてみてください。
使用前http://cyberstage.cocoon.jp/test/
使用後http://cyberstage.cocoon.jp/viewer/comic3-1/


これまで漫画閲覧ページをスマホ対応していなかったのでモバイル環境から見た時にはマンガハックさんへ飛ぶようにしていたんですが、サイト内でぜんぶ読めるようになったのでリンクも修正しました。
(なお、スマホからサイトを見た時にはメニューに出す情報を若干絞っています)
Pixivさんで読むリンクも追加すべきかどうか…追加するのは簡単なんですが、メニューがありすぎるのも閲覧者さんにとって不親切かな?という気もするのでもうちょっと悩んでおきます。

前述しましたが、最新話のラストページには感想フォームへのリンクを突っ込んでありますので、今後Web版を更新した際に「なにか一言送ってあげてもいいよ!」な気分になった時にはぜひぜひご活用ください。
もちろん、TwitterでのリプライやRT後のエアリプもウェルカムです。

各ページの中身には元々使っていた画像をそのまま使っているのですが、できれば余裕のある時にもうちょっと圧縮率をあげて軽量版に差し替えたいと思います。
1章総集編も年内にまた刷り足すので、その時にできればフォントサイズももう一回りだけ大きくできると…よいなあ…
(ページ数を見て遠い目になりつつ)

実を言うと、Web公開をはじめた時すでに文字を一回り大きくしているんですが、それでもまだスマホから見ると小さめなんですよね。
この作品を描き始めた頃にはここまでスマホが広まるとは想定していなかったので、元の原稿がB5サイズ600dpiですし…これ以上フォントサイズを弄るには、吹き出しから修正しないといけない…(さらなる遠い目)



そういえば。
2年くらい(?)前に、どこかに個人サイト向けのビューアはないかなってプラグインを探した時には、縦スクロールのものしかなくて諦めていたんですが。
(同人誌を出してるタイプの人が求めているのは、出版社や電書で使われている横めくりビューアだと思うんですよね)
最近になって、前には見つからなかったものもちらほら公開されているみたいで、ありがたいことだなあと思いました。

先日人様から教えていただいたこちらのビューアも、レスポンシブ&横スワイプ対応でよさげな感じです!
たしかフォロワーさんの中にも、自サイト用のビューアをお探し中の方が何人かいらした気がするので貼っておきますね。
なんかいい感じのマンガビューア ~slick-custom~

他にもどこかで開発中という風の噂も耳にしたので、なにか情報が入ったら共有したく思います。
つい先日TLでWCR終了のお知らせを聞いてびっくりしたんですが、どれだけ漫画投稿サービスが増えて主流になっても、自分の管轄で運営できる個人サイトはやっぱり持っておきたい気持ちなので!
商業サービスはどこかで終了してしまう可能性があるので、好きに更新&お引越しができる本拠地があるとどっしり構えていられるというのもあったりします。

まだまだ課題はありますが、一昨年から続いていたサイトのテコ入れもきりのいいところまで進んだので、そろそろ次のイベントに向けて動きだせそうです。

…というわけで。
今週末からは2章総集編発行にむけて、エンドレス修正作業の旅に出ています
ページ数が半端なくていきなり大量に刷るのが怖いので、今回は別のところで一冊だけ試しに刷ってから量産にむけて見積もりをだそうかなあとかなんとか。

先は長そうですが、がんばります!



最後に、(だんだん恒例になってきた)いただいたご感想へのお返事です。
※PCの場合、「続きを読む」からご覧ください。

 

続きを読む »

フォーム改装…できませんでした!と思っていたらできました!

※漫画に関する内容ではありません
※できそうでできなかったよ!という記事なので、興味のない方は読まなくても大丈夫です…!

※2020/01/12追記 (たぶん)できました!!!!!
記事の最後に追記しています


三連休なので、年末年始にやりたかった感想フォームのカスタマイズにちょっとだけ時間を使ってもいいかな…?と軽い気持ちで手をつけたところ、案の定うまくいかなくて唸っていました。
できたー!→できてない…→今度こそできたー!→できてない…→今度こそ(略)を10回くらい繰り返して、このままだと本来の制作系の作業ができなくなりそうなので一旦次回に続きます。
つ、つかれた…

くやしいので残骸だけ貼っておきますね。
失敗した履歴を残しておくのも、なにか役に立つかもしれないので…!
うまくいかなかったフォームその1
(ブログ公開後に修正しました)

自作フォームを作って、Googleフォームのnameとaction=””を取得して連携させるところまではなんとかできたんですが、送信後に画面を遷移させないようにしたいな〜というのがうまくいきそうでいかなくて苦戦していました。
できたと思ったんだけどなあ…(あるある)

でもここまでやるのも自分のレベルだと結構大変だったんですよー!
めげないためにもセルフねぎらいしておきたいところです。
知らないことを色々と知れたし、何か別のことに役に立つと…いいよね…!


楽そうな方法はないかな〜ってあれこれ調べていろんなやり方をいくつか試してみて、最終的には某さんに教えていただいたこのあたりの記事を参考にさせてもらったのですが。

Googleform埋め込みでラジオボタンのデータを送信する方法
Googleform埋め込みで回答完了画面に遷移させない方法
Googleフォーム埋め込みでチェックボックス複数選択させデータを送信する方法

チェックボックスに複数チェックをつけて送信した時に、データは一応送信されるけどテキストエリア&テキストフィールドの情報だけ取得できなくなってしまうので、どこか私の書き方がおかしいようです。
(あと、必須項目のところ…)

これなら自分でもできそう!って思った、ダミーのiframeを使うやり方だとチェックボックスいじりまくっても大丈夫だったんですけど、送信できてない場合にも送信されました!って表示されてしまうようなので。
うまくいかなかったボツフォームその2


というわけで、しばらくは素の埋め込みフォームのまま押し切ろうと思います。
さりげなくどこかのタイミングで formrun に差し替えていたら「ああ…こいつ諦めたな…」と思ってください!

先日公開済みの、埋め込み型感想フォームだとこういう問題は起こらない…はずなのですが。
万が一、送信できてないことがあったら大変なので、しばらくはいただいたご感想にはできるだけ返信していくスタイルでいこうと思います!



※2020/01/12追記
一晩たって、心優しいフォロワーさんのおかげで(たぶん)解決しました…!


二箇所ほど間違っていたんですが、一番の原因は閉じタグの位置!です!!

間違えてたところ

根本的なところがよくわかっていないのが丸わかりな間違いで恥ずかしいんですが、教えてもらったら「そりゃそうだ…!」という顔になりました。
oh…そりゃ複数チェックしたらテキストのデータが取得できなくなりますね…

私はjavascriptとかjQueryに関しては本当にわかってなくて(jQueryの綴りすら検索しないと間違える)、親切な方が公開してくださっているコードをつぎはぎして色々便利な機能を使わせてもらっている状態なのですが。
わかっていないゆえに、つぎはぎする時によく間違えるんですよね。
(必須チェックでアラートを出すための記述も、入れるところを間違っていたし!)

ウウッ、でも今回でわからないなりにちょっとだけ前進した…気がします。

こういったうまくいっていない姿を見せるのって、正直なところ恥ずかしい気持ちもなくはないんですけど。
でも、恥ずかしがって何も出さないと「どこまではわかってるけど、どこからがわかってない」というのすら曖昧なまま全部なかったことになってしまうので、やっぱり思い切って「ここまではやったけど躓いちゃいました」みたいなことをオープンにする勇気も必要なんだって思いました。
できないことをできないと言う勇気…!

ちょっとずつ記述の仕方を変えて、あたっては砕けていたテストページの残骸たちも浮かばれました。

うまくいかなかったファイルたち

上の方にあるリンク先はそのうち消しておきますね…笑
メールで受信する設定にしてたのを忘れてて自分のテストによるメールが70通くらい届いているので、それも混ざらないように消しておかなくては。


ちなみに、Googleフォームを感想フォームに使えるよ〜というのは、もともとは「みつばの」のわかささんがブログでやりかたを書いてくださっていたのを見て、「いいかも!」と思って真似させてもらったのでした。

拍手感想フォーム修正しました (「みつばの」さんブログ内記事)

Googleフォームをそのままサイトに埋め込む方法だとスクロールバーの中にスクロールバーが出ちゃう&バーが出ないようにすると改行して長文を記述した時に送信ボタンが消えるという問題を解決するために、フォームのコード部分だけを自分でつくってデータの送信先をGoogleフォームにするというやつです。

フォーム送信後に画面遷移をさせないためにあれこれいじるところが、ちょ、ちょっと自分には難しいかも…?って思ってもっと簡単そうな抜け道を探したりしていたんですが、最終的にはほぼ同じやり方を使わせていただきました&記述がおかしかったところまで教えていただいてしまった!
(お忙しいところ、コードまで見ていただいて本当に助かりました;; 自力じゃ気づかなかった…)


というわけで。
たぶんちゃんと動くようになったんじゃないかな?な、感想フォームはこちらです!

新生・感想フォーム

…といいつつ、自分の環境からしかテストしていなくてちょっとまだ自信がないので、もしこの週末にちょびっとお時間がある方がいらっしゃいましたら、「自由記入欄」になにかコメントを入力した上で、送信のテストをしていただけますと助かります!
(ついでに一言付け加えていただいてもおっけーです!)



そして、最後に先日いただいたご感想へのお返事です。
(もともとはこれを書きたかったから、無理やりブログを書いたとも言えます…笑)

※PCの場合、「続きを読む」からご覧ください。

 

続きを読む »

2020年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
三が日が終わろうとしているので、慌ててブログを書きにきました。

今年は子年とのことで、マオラも元旦から張り切っているようです(?)

子年4コマ

ちなみに、マオラの味覚は人間と同じなので実はネズミは食べないんですが、目の前にいるとつい本能的なものが目覚めて追いかけたくなってしまうようです。
フクロウの方の麻嗚蘿は…普通のフクロウなので、干支を食べてしまわないように引っ込んでもらいました。


それにしても2020年…2020年ですか…思えば遠くまで来たものだ…
去年の工程表を見てみたところ、(いきなり伏字で恐縮なんですが)2019年は「年内に●●●が登場するところまでは話を進める!」というのを密かな目標に、年末の休暇中にサイトを改装して、1月の6日からは秋のコミティアに向けてプロットを開始〜そのまま作画に突入していたようです。

イベントに参加したのも一回きりで、表向きの活動はちょっと控えめな年でしたが、そういう意味ではちゃんと(?)目標達成できたな〜と思いました。
iPadProも買って、作画環境もちょっと改善できましたしね!

こちらの記事も、たくさんの方に読んでもらえて嬉しかったです。


記事をきっかけにiPadを買った方が、お友達にお勧めするときにツイートを引用してくださっているのを通知で知ったりと珍しい体験もできました。
お勧めをしてはいいものの、果たして役に立ってくれただろうか?というのが少し気がかりだったので、「買ってよかった」というつぶやきも見かけて安心しました!

新しいものに挑戦したり環境を変えたりするのはどちらかといえば苦手なのですが、ここ2年でソフトも機材もまるっと変えたし、そういう意味ではがんばった!と言えるんじゃないかなあと思ったりしました。
次は…アプデをキャンセルし続けていたMacのOSを変えなければ…(Adobe CSのチキンレースを断念しました)


Twitterで作品の更新やイベントのお知らせをするようになってからも、もう4年以上経つんですね。
近年は、長距離マラソンを走るのに精一杯で最低限のことしかツイートしないとっつきにくいアカウントになってきたかも?というのが懸念点なので(特に2019年は、リプライしたいな〜と思うことがあっても余裕がなくてタイミングを逃してしまうことが多く…)今年はもうちょっと中の人が生きてる感じのアカウントにしたいです。(希望)

らくえれも、発行日のメモをふと見返してこれまでを振り返ってみるとたくさん歩いてきたなあという感じで、ずっと追いかけてきてくださった方も最近読み始めてくださった方も、本当にありがとうございます。

発行日メモ

2020年も引き続き、あの世界のお話を描いていきますので(まずは2章総集編の編集からスタートになりそうですが)どうぞよろしくお願いいたします!

◆◆◆

〜お正月の更新あれこれ〜

サイト&ハックさんの更新とちょっとタイミングがズレてしまいましたが、3章「幻影に望め」をPixivさんにもアップしました。



キャラ設定&表情集もPixivにあげてあります。
サイトのものと同じですが、一気に確認したいときは便利かもしれないのでよかったらどうぞ!



そして最後に。
昨年末に設置した感想フォーム、返信はしないつもりだったんですが黙っていられない性格なので(…)やっぱり、一言だけでもお礼をさせてください!
ひ、一言だけでも…

(PCの方は「続きを読む »」からお願いします)

 

続きを読む »

らくえれ更新とコミティア130

前回の更新からかなり間が空いてしまって申し訳ありません。
マンガハック先行で、Web版の第3章2話目を公開しはじめました。

幻影に望め2話メインイメージ

※ 画像クリックでも公開先に飛びます

3章の序盤は、時代の違うふたつの章を経て「現代」の時間に戻ってきたという展開上、比較的これまでのおさらい的な要素を中心に進んでいっています。
懐かしい面々に混ざって新キャラが登場して、疑惑の種をばら撒いていったりしつつも比較的おだやかにのほほんと時間が流れているので、ある意味では貴重なひとときなのかもしれませんね。

サイトの方に更新を反映するのがすこし遅れてしまっているんですが、コミックページにも登場人物がふたり追加されていますので「この人誰だっけ?」ってなった時にはご覧ください。
そろそろ登場人物が増えて混乱してくる頃かと思いますので、相関図とかも用意したいです。


…そして。
2話目の後に続く3話目を、11/24開催の関東コミティア130で公開します
丸々一年続きが公開されないというすごい事態になってしまっていましたが、ようやく…ようやく出せます!
紙媒体で真っ先に追いかけてくださっている方々、本当にお待たせしました…!!

あまり筆が早い方ではないのでものすごく迷ったんですが、先の展開において「どうしても次に出す本でここまでは進めたい…!」という気持ちがつよかったため、一度イベント参加を休んででも描き溜めて、盛り上がるところまで一気に公開するという手段をとりました。
間が空きすぎてこれまでの展開を忘れてしまった方は、Twitter更新を見て思い出してもらえますとありがたいです。
(特に2話目は、3話目への布石がさりげなくちりばめられている話なので)



準備期間がたくさんあったこともあって、11月の新刊は無事に(2ヶ月ほど首をやられてて無事ではなかったような気もしますが、納期的には無事に)早めに入稿することができました。
昨日、Twitterで先行公開した表紙イメージがこちらになります。

3章3話表紙予告

たぶん、前提となる情報がなにもない状態でこの表紙を見たら「水色の表紙だな〜この二人がメインキャラなのかな?」って感じの印象を受けると思うんですけど。

このタイミングで、表紙をこの子とこの人が飾るということには意味があって、それはここまでに紡いできた物語の、ささやかではあるけどとても大事なひとつのアンサーで…
まだ内容を公開していないので多くは語れませんが、表紙を目にしてくださった方々の反応がとてもうれしかったです。
この時点でひとつの感覚を共有できたんだな、ということが伝わってきたので。

あまりにうれしかったので、感極まってブログを書いてしまいました。
(本当は、もうちょっと情報が出揃ってからイベント前に書こうかなと思っていたのですが!)

もっと他にも言いたいことはあるんですが、なにしろまだ本が出ていないので黙っておきますね。
肝心の内容はというと、わりととんでもない展開なのでちょっとヒヤヒヤしていたりもするのですが…どうかお付き合いいただけたらとても嬉しいです!


これからノベルティなども届く予定ですし、まだポスターもお品書きも準備できてないですし、油断はできないぞということで気を引き締めて当日までがんばりたいと思います。
あっあと、ペーパーも用意したいです!新刊に添えたい4コマのネタがいくつかありますし。

「ご新規さんはいつでもようこそ&リピーターさんにはいつもありがとう」の気持ちを両方忘れないようにしたいなと思って活動しているのですが、今回は特に、これまでのお話を読んでくれてありがとうの気持ちをたくさんお届けできたらなと思っています。
こういった物語は、他の誰かに読んでなにかを感じていただけて完成するところがあるので。

というわけで、2話目を公開しつつ引き続き準備をしていきますのでよろしくお願いします!

 

 | HOME |  »

Calendar

« | 2021-03 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Profile

ミズ

ミズ

個人的に漫画を描いたり、

いろいろ作ったりしている

人間のブログです。

サイトTOP

ブログの説明はこちら

最近の記事

よく読まれている記事

漫画用にiPadProを買いましたメモ

花粉症対策2019年まとめ

Categories

レンタルサーバー

愛用してます

コダック

原稿時の疲労対策に

Works

気になるもの

Monthly

Advertisement