Cyber Stage

Diary

あと少し

年末から満身創痍な状態がつづいていましたが、二ヶ月目にしてようやく職場の方とも話がついて、勤務形態を調整していただいてりして、少し光明が見えてきました。

すっかり音沙汰ない状態かと思わせて、実はコミックコンテンツのビューワーを若干手直ししたり、ツイッターの方ではお年始&節分4コマをあげたりもしています。
ひとまず定番の干支ネタだけでもここに貼っておきますね。

2018お年始4コマ

この手のゆるゆる4コマがだんだん増えてきたので、そのうちどこかにまとめたいところです。

 
スポンサーサイト

いっかいやすみ

ご無沙汰しておりました。
11月末頃から体調を崩して、ほんの数日前までなかなか洒落にならない事態が続いていました。
クリスマス頃にはきっと、ケロッと元気になって「回復しました〜!」ってお知らせと同時にサンタ絵の一つでもあげられるんじゃないかな?と予想していたんですが…冬場の免疫力の低下をなめてはいけませんね。

12月冒頭には病院にも行っていたんですが、どうにも症状が込み入ったことになっていて、一箇所の専門医にかかるだけでは治らず。
会社の方も年末進行に突入してしまって、仕事以外の全リソースを回復に当てても日に日に悪化していくし、平日はその日を生き延びるだけで精一杯という感じが続いて、どうしようかと思いました。
最終出勤日に休ませてもらって、手術の後に別の病院に行って、そこで出してもらったお薬のおかげでようやくここ数日は苦しまずに眠れるようになりました。つらかった…。
予定もオールキャンセルする羽目になったし有給も一気に減ったし、こんな生きるか死ぬかの瀬戸際な年末は、さすがにもう過ごしたくありません。

ちなみに、やばげなウィルスや菌をもらってきたとかではなく、原因はただの疲労の蓄積によるアレルギー悪化です。
たかがアレルギー、されどアレルギー。
そこから諸々と症状が飛び火して、ちょっとずつちょっとずつ全身の不調が同時に進行して行って、どこからが危険信号なのかがわからず、対処が遅れてしまったような気もします。

イベント前からすでに体調が微妙ではあったんですが、疲れてるだけだから数日間休んだら治るだろうと甘く見てたんですよね…。
こじらせて喘息が悪化して呼吸困難までいくとは思いませんでした。
疲れすぎ、ダメ、ゼッタイ。


もともと自律神経がポンコツであちこち弱いんですが、寒くなるとますます免疫力も下がってくるようです。
来年の目標は…特にないのですが、あえて言うなら、今一度改めて体調にあった制作ペースをつかみ直して、あまり苦しまないように日々を過ごすことに注力することでしょうか。(切実すぎる)

いえ、そもそも。自分が体を壊しやすいというのはある意味昔からなので、少しずつ軌道修正をして対策を練ってきた結果が、今のスタイルなんですよね。

例えば。寝不足になると一発で倒れるので、絶対に徹夜はしない&睡眠時間を削っていいのはいざという時だけにする、とか。(夜更かし作業もここ数年はやめました)
そのためにも、モチベーションには左右されず、毎日ちょっとでもいいので無理のない範囲で作業を進めて、半年計画でまとまった話を完成させる…というスタンスでやってきて。
そう…無理はしてないつもりだったんですが…。

もしかしたら、いやもしかしなくても「無理のない範囲」の定義自体が、きっと年齢や生活とともに変わっていくんだろうなあと。
寒いのが苦手で弱りやすくなる自覚があるなら、季節によって(もしくは最高気温によって)進行のペースを変えてみるとか…そういう工夫も必要なのかもしれませんね。

あとやっぱり、無理しないと言いつつも、無意識に自分に発破をかけてしまっている、というのもあるかもしれません。
Twitterは人の動きが見えすぎてしまうので、どうしてもそこを意識してしまってちょっとしんどいよね、というつぶやきを、今年の下旬は周囲で頻繁に目にしたような気がします。
似たようなことを感じていらっしゃる方は密かに多いんじゃないかな…?と。
私もわりと周りにつられやすい性格なので、ツイ禁とまでは行かないまでも、TLを無理にチェックするのは控えたほうがいいかなと、弱っている間に思ったりしていました。
(いやでも、見たいんですけどね…!やっぱり、目当てのものを見逃してたら悔しいですし、気になっちゃいますし。)


頻繁に目にした、といえば。
描き手さんのブログは、わりと積極的に拝見しているんですが。
今年は秋のイベント前後に、ロングスパンで長編漫画を描かれている方のおやすみ宣言(?)も、目にすることが多かったような印象があります。
(たまたま私の観測範囲で見かけることが多かっただけかもしれませんが)

個人的に、「つきぶえ」の北神ゆうやさんの 12/14 のブログ(後半の内容) が、ものすごく心に染み入るものがありました。
折り合いのつけ方とか、期限的なこととか、もう全般的に色々と…。

(私もどちらかというとオフラインをメインステージに創作漫画を描き続けていて、年二回のイベントに合わせて新刊を出し続けるのをずっと目標にやってきていたので、なんだかとても共感するものがあったのです)



自主制作というのは、描きたいものも描く内容も制作ペースも完成度も全部自分で決められる利点がある反面、その利点のせいで行き詰まってしまいがちなところも多々あるなあと思います。
長編漫画を描くにはとても体力がいるし、時間も膨大に(それこそ、プライベートの時間をすべてつぎ込んでも足りないくらい)必要です。
描き手さんにはいろんな立場の方がいらっしゃると思うのですが。仕事などの生きるための諸々と両立しつつ、コンスタントに先へ先へと描き進めてラストシーンへ近づいていくためには、息切れしてきたところで(休んだら回復できるくらいの疲労度を見極めて)少し休もう…と決断する、セルフコントロール力のようなものも必要不可欠なのでしょう。

何しろまだ体調が戻ってないので、考えもまとまりきっていないのですが。
この先いつまでも、同じ条件・状況で同じことをやっていられるわけではないので…。
リアルタイムで変わっていく現状に合わせて、いろんなものを見極めて、決断していかなきゃいけないな…と思った最後の一ヶ月でした。

いやもうあまりに苦しすぎて、「もうこの先、漫画を描いていくことどころか普通に生きてくことすら無理では?」とか、わりと真剣に思いつめていたので…!
今の作品は、死ぬまでにどうしてもやっておきたかった最初で最後の長編のつもりで描いていて。
中途半端なところで倒れて止まってしまったらそれが一番悔いが残るので…完走するためにも賢くならなくては……です。



そんな状態だったので、さぞかし作画も進んでないだろうと思いきや。
実は、イベント前に描けない描けないと唸っていた作画の難所は、手が止まる前に全部終えていたりします。
(ラフを貼ってたとこまでは埋めたので、白いページを追加しました)

201712進捗

この後に14ページほどラストシーン〜エピローグを追加したら(あとできたら冒頭も2ページほど描き直したいけど)、本当におしまいです。
いろいろと不安要素が多くて申し訳ないのですが、「5月に最終巻を発行する」という当初の予定は変えずに行けると思いますので、また元気になったらちょっとずつ残りのシーンを進めていきたいです。

よかったら…最後まで読んでください!よろしくお願いします!!



(今は家にいるので気分もわりと前向きになっているんですが、会社がはじまったらまた悪化しそうな予感がするので、どうにか休みの間に完治してくれないかなあとひたすら祈っている大晦日でした)
 

ご無沙汰していました

プロット〜ネームで難航しているうちに、広告が出てしまいました。
私生活でちょっと色々とあって、エネルギー切れになってツイッターすら沈黙状態になっていましたが、生きています。

ネームもようやく完成したのでそちらについても触れたいのですが、ここからはプライベートに関することなのであえて別記事で。
ツイッターでつぶやくには、ちょっと重いかな…と判断してブログの方に書きましたが、読んで楽しい内容でもないので折りたたんでおきます。

 

続きを読む »

Twitterのイラストとらくがきまとめ

夏からちょっとずつ作ってはTwitterで公開していた、キャラクターに励ましてもらうイラストシリーズをまとめて、pixivに投稿しました。



励まし系…というと、原稿進捗を見張ってお尻を叩いてくれるbotのようなイメージが強いのですが。
個人的には、へたに煽られると封印したはずの反抗期が目覚めて反発してしまうので(それもどうかと!)、「厳しいのは現実世界で充分なんだよ!ストレートに労っておくれよ!」という方向性で統一してみました。
息を吸って生活してるだけでも褒めてほしい!!(だだ漏れる本音)

「無理しないでね」と言われると、もっと頑張らないとな〜と背筋が伸びる派です。

仕事から帰ってきて色々やることはあるんだけど原稿もしたい…というシチュエーションで統一したので、内容は似通っていますが、「各キャラが言わなそうなセリフは言わせない」という点だけは、ちょっとこだわってみました。
マオラに至っては、労ってるように見せかけて食事を作ることを要求してきていますね。

◆◆◆

そしてもう一つ。
いつの間にか、Twitterにモーメント機能?なるものが出来ていたので、季節ネタのイラスト(というからくがき)をまとめてみました。

シーズンネタ まとめ

そのままブログ内に埋め込むと表示が大変なことになったので、ひとまずリンクで。
改めて見てみると、ネコミミ率が高いですね。
仕事を選ばないマオラさん…。

ハロウィン〜クリスマスあたりのツイートを探すために過去ログを漁ってみたところ、去年の今頃は、まだプライベート用アカウントの方で進捗をつぶやいてたようです。
同人の方はちょうど冬コミに向けて3章1話目を描いていて、Webの方ではようやく1章が完結したところでした。
そうか、あれから1年かあ〜と、なんだか感慨深くなってしまいます。

ちなみにTwitterでは、検索欄で 【@アカウント名 since:201X-01-01 until:201X-12-31】 って感じに検索すると過去のツイートを読めるので、特定の時期のつぶやきを探すのに便利ですよ!

◆◆◆

今年は、いつにも増して家庭内で色々とあって、なかなかMPの消費が激しい年でしたが(すでに1年の締めくくりモード)モチベーションなどというフワフワしたものには左右されずに、ひたすら手は動かす!というコツのようなものをつかんだおかげで、それなりに一定のペースで漫画を描けたかなと思います。

この先も、生活面でどうなるか&それがプライベートの時間にどう影響を与えるかは不明なところが多いのですが、何か事件が起こるのは人生の常なので、適時柔軟に対処して、物語のエンディングまで描き進めていけたらよいなあと思っています。

年末は冬コミで大抵バタバタしているうちに過ぎ去ってしまうので、今のうちに振り返っておこう作戦です。
(まだ当落すら出てません!)


 

2016・花粉事情

春が近づいてきて、同時に黄色いあいつらも近づいてきましたね。
毎年、この時期になると、来年の自分への備忘録も含めて、花粉に関する記事を書くのが習慣になっています。
去年の記事
一昨年の記事

2016年河津桜

そして、医療費控除用に仕分けしていた領収書によると、去年の発症は2月の11日頃だったようです。
花粉症って春先にはじまるイメージなんですが、日付だけ見ると案外早いですね。

毎年苦しめられている花粉なんですが、今年は、信じられないくらい症状がマシだったんですよ…!
というのも。
去年の11月に気管支炎になって、そのまま咳喘息をこじらせてから、冷たい空気を少しでも直に吸うと咳き込んでしまうため、外出するときには常時マスクをつけっぱなしだったのです。
そしたら怪我の功名(?)で、なんだかこのシーズンになってもムズムズしないじゃありませんか。

いやー早めに花粉さえ遮断してれば平気なものなんだなあ…
こりゃ今年はもしかしたら、もしかしたらもしかしたら逃げ切れちゃうんじゃないの?!
平和な春が訪れるんじゃないの!??!?
なんて油断しかけていましたが、花粉症は鼻と喉だけじゃないのを忘れていました。


マスクではガードできない粘膜。
それは…目!!!
疲れ気味なのかな…なんかいつにも増してしょぼしょぼするな…
と思ってたら、2月の24日あたりに、仕事中に目を開けていられないくらい痛くなってきまして。
あっさりギブアップして耳鼻科に駆け込みました。

花粉症って、てっきり体内に花粉が一定量溜まったら症状がブワッと出るんだと勘違いしてたんですが。
そうじゃなくて、アレルギー反応を起こすところに一定量花粉を浴びるとダメってことなんですかね。
目は…ガードのしようがないですしね……。

元々、ドライアイ気味で、花粉以外のアレルギーやらなんやらもあるので
平日はコンタクトの着用も諦めてメガネにして、目薬も
パタノール(アレルギー対策)
ジクアス(ドライアイ治療)
ヒアレイン(角膜治療用)
の3点セットを常用しています。

目から花粉対策をアプローチするのは、これ以上は無理でした。
(あまり目薬はさしすぎないほうがいいっていいますし…)


と、いうわけで。
昨年と同じ、ロラタジンエリザス点鼻粉末を処方してもらって、そこそこ眠くもならず、ムズムズもせずで快適に過ごせています。
マスクを外せないこと以外は。
一年の三分の一くらいをマスク着用で過ごさないといけなくなると、さすがにその…ちょっと悲しくなってしまうので。
もう少し丈夫な体になりたいなあと、切実に思います。
このままだと自分の素顔を忘れそうです。

とはいえ、部屋の中だとマスクレスで過ごせているので、症状的にはここ数年内でかなりマシな部類だと思います。
欲を言うなら、家にもう一台これが欲しいです。

SHARP プラズマクラスター搭載加湿空気清浄機 加湿量450mL/h ホワイト系 KC-Z45-W


SHARP プラズマクラスター搭載加湿空気清浄機

とにかく。
年末からずっとマスクをつけっぱなしにしていれば、鼻の症状だけは抑えられることがわかりました。
花粉に苦しめられるか、マスクに締め付けられるか。
どっちか好きな方を選べと、来年の自分に向けて書いておきますね。


◆◆◆


民間療法では、Yさんが「飲み続けたら免疫力がついた気がする」とオススメしてくれてた
フェリカス菌が気になっています。
固形ヨーグルトは食べ続けるのがつらくて続かなかったけど、これならいけるかもしれない。

伊藤園 朝のYoo
フェカリス菌1000
(紙パック) 200ml×24本



来年はこれも飲んでみようかな〜と!
腸内環境がよくなるとアレルギーはマシになるともいいますね、そういや。


季節モノらくがきまとめ

Twitterなどに投げていた、クリスマス〜お正月〜節分の季節ネタまとめです。


完全にクリスマスの方向性を間違えているマオラさん。
ちょうどグラブルでやってたクリスマスイベントの、ギリーレンジャーさんのコスチュームが素敵だったので。

\チキンをくれなきゃいたずらするニャ!/

ツリーマオラ



前に描いたサンタイラストの修正版。
昔のマオラはちょっと前髪が長くて、麻呂眉じゃなかったみたいです。
サンタマオラ改



ペーパーに描いた申年4コマ。
色がついてないと、ますますクマっぽいです。
主人公にきぐるみを着せるならクマだと、心に決めています。クマー。

   申年四コマ


ニホンザルはしっぽが長くないとか、そんな些細なことはいいんです!
非実在猿なんです。
申のコスプレ
(冬コミ後のへろへろな状態で描いたからか、線がヨレヨレですね…)





今年の恵方は、南南東でしたっけ?(すでにうろ覚え)
恵方巻きって、一気に食べようとすると必ず最後のほうで具がはみ出してきます。

今年食べた恵方巻きには、なぜかとんかつが入っていました。
なぜとんかつ…?
恵方巻き



もちろん見た目通りの年齢じゃないので、歳の数だけ食べようとすると大変なことになります。
「豆は飲み物だニャー」だそうです。

節分1



地味にメンバーの中で最年長なので、豆の数がちょっと苦しい眼鏡の人。

どこかで言ったような気もしますが、実年齢は
虹瑠<魁嘛<零霸<世麓<<<<<(超えられない壁)<<<<<マオラ
ですよ!

節分2




でもってこの人達は、そもそも年齢を数えていないと思います。

どこに何年いたかは住民台帳に記録されてるだろうし、覚えてなくてもいいかー、みたいな。
時間に対する感覚そのものが違うんじゃないでしょうか。

節分3


あの世界はキリスト教圏ではないので、クリスマスもバレンタインもないし
ましてやお正月や干支や節分など存在するわけもないのですが
この絵の季節ネタは、パラレルネタだと割りきって描いています。

あっでも、年の境目を祝う行事みたいなものは、あるかもしれませんね!
呼び名がちょっと現実世界とは違うだけで。



  建国記念日なんてなかった

イベントじゃないんですが、4月まで休める祝日がないらしいので
泣いてもいいでしょうか。

 

 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Profile

ミズ

ミズ

個人的に漫画を描いたり、

いろいろ作ったりしている

人間のブログです。

サイトTOP

ブログの説明はこちら

Recent Entries

Categories

Pixiv

サークル発行物

愛用してます

コダック

原稿時の疲労対策に

Works

気になるもの

Monthly

Advertisement

FC2Ad